いま話題の”新しい魔女”のルーツを探る『魔女の世界史』

レビュー:永田 希

女性には神秘的な力がある・・・、そう考えている人は驚くほど多いですね。単に女性だというだけで神秘的な力が誰にでも宿るのだとしたら、この世は非常に安易な世界で、そんなのちっとも神秘的じゃないと思うのですが。それはさておき、でもやっぱり「女性は神秘的」と考える根強い傾向が存在していることはまぎれもない事実。

本書はそんな「神秘的な女性」を「魔女」というキーワードに読み替え、古今東西の事例を紹介していくというもの。どんな人が、どんな状況で、誰に、どうして「神秘的」と言われてきたのか。美術、文学、政治思想、そしてサブカルチャー、様々な領域の男女が様々な「魔女」を思い描いてきたことがわかります。

本書では、19世紀末の美術(第1章)、20世紀後半のカウンターカルチャー(第2章)、そして現在の「ゴス」と呼ばれるサブカルチャー(第3章)を軸に紹介しているのですが、中でも圧巻なのはフェミニズムと結びつけて語られる第2章の「新魔女運動」の展開でしょう。

1960年代、「魔女ブーム」が『今日の魔女術』という本の刊行によって引き起こされました。この本の著者はジェラルド・ガードナー。悪名高い黒魔術師アレイスター・クロウリーの影響を受けつつも、「魔女」のダークなイメージや、「魔術」のおどろおどろしい血生臭さを脱臭して、現代魔術を体系化・公然化した人物です。

ガードナーによれば、1930年代に既に運動の胎動は始まっていました。1980年代になるまで、その存在すら疑われていた大魔女「オールド・ドロシー」から、ガードナーは魔術を学んだと語っています。このドロシーはインドのベンガル出身の大金持ちだったと言われています。ガードナーも1930年代に帰国するまで、東南アジアで暮らしており、「魔女」の文化におけるオリエンタリズムの強い匂いを嗅ぎとる読者もいるかも知れません。

1930年代、第二次大戦前夜のイギリスにはなんと「魔女禁止法」があり、ガードナーらが魔術を学んでいた時代、それは非合法でした。水面下で、ガードナーたちは複数の秘密結社を作り、互いに連携してネットワークを作っており、魔女が解禁される戦後まで、それぞれの儀式や祭式のスタイルを作り上げていったのです。