『危険動物との戦い方マニュアル』 オレはオニヒトデに勝てるのか

レビュー:栗下 直也

夏休みに恋人や家族と出かけた先でクマに出くわしたら、どう対処するか。ヘビに遭遇したらどう振る舞うか。こうした、真木よう子にいきなり求愛されるくらい小さい確率を気にかけてしまう妄想力が逞しいあなたにおすすめなのが本書だ。いつもは家族の前では読めない本ばかり紹介している私だが、今回は世間が夏季休暇の直前と言うこともあり、家族と一緒に楽しめる一冊を紹介したい。

表紙を見て分かるように、子供を意識したつくりである。子供から大人まで楽しめると書いてある。実際、本文の漢字には平仮名でルビがふられており、小さな子供でも読める。「こども扱いかよ」と突っ込まれそうだが、残念ながら、私も含めて世の成人の多くは、本書で紹介されているクロドクシボグモとセアカゴケグモの区別もつかないはずだ。アマゾンでのハンティングが趣味なタフガイ以外この本で十分に足りる。

計72の動物ごとに体の大きさ、生息地、襲われた時の危険性や対処法などを紹介する。ヒグマやイノシシ、オオスズメバチからの身の守り方や蛇に噛まれたときの処置などは、実用的で思いもよらず参考になってしまった。

「思いもよらず」と記したのは、本書の最大の醍醐味は、本を通じてまだ実際に見たことのない危険生物との戦いに妄想を膨らませることだからだ。イリエワニ、コモドオオトガゲ、タイガーシャーク、ハイイロオオカミ、ピラニアなど。果たしてオレは勝てるのだろうかと。