upperline

レビュー:青木薫

『ニューヨーカー』の2014年5月12日号に、「ソイレント」という液状食品に関する記事が掲載されました。軽~く興味を引かれて読み始めたところ、ちょっと意外なぐらいに、われわれの「食」について考えさせる内容になっていたので、ご紹介してみます。

液状の食べ物というのは、昨今、それほど珍しいわけではありません。減量したい人のダイエット食品にも、ドロドロした飲むタイプのものがありますし、筋肉増強したい人のためにも、タンパク質メインの飲み物はあります。しかしソイレントがそれらと異なる点のひとつは、完全食品を謳っている点です。これだけを摂取していれば、ほかには何も食べなくてもよいというのです。

ソイレントを考案したのは、ロブ・ラインハートという青年で、食品関係というよりむしろ、ITとかSNS系の起業をやりそうな感じに見えます。実際、ラインハートは、ジョージア工科大学卒業後、友人二人とともにIT関係のスタートアップとして、サンフランシスコで頑張っていたのでした。

ラインハートたちの当初の目標は、携帯電話のための低価格の電波タワーを開発すること。シリコンバレーに本拠を置くインキュベーター(ちなみに「インキュベーター」というのは、魔法少女とは関係がなく(*^^*)、起業を支援する投資家たちのことです)、Yコンビネータから、17万ドルの資金提供を受けていました。しかしそのプロジェクトはうまくいかず、提供された資金のうち10万ドルはすでに使ってしまい、残り7万ドルでとにかく行けるところまで行こうと、切羽詰まった状況で踏ん張っていたのでした。

こういう場合、誰だって食事どころではなくなりますよね。経済的にも時間的にも気持ちの上でも、そんな余裕はなくなる。それでも、お腹はすく。「なんでこんなときにまで、お腹がすくのか」と情けなくなりますよね。

ラインハートも、貴重なお金をできるだけ使わずにすませようと、マクドナルドの1ドルハンバーガーや、チェーンのピザ屋で5ドルピザで乗り切ろうとしたこともあったそうです。しかし、それはまさしく、「スーパーサイズ・ミー」を地で行くようなもので、わずか一週間で挫折(ラインハート曰く、「このまま続けていると死ぬという気がしました」)。

次ページ そこで次は、ケール(キャベツの…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事