「地域再生」より、都会と田舎に住む「二地域間居住」の推進を!

PHOTO by GettyImages

地域再生は地方選対策になる!?

シンガポールへの引っ越しがようやくひと段落した。私の引っ越しの経緯については追って、このコラムで紹介させていただきたい。

引っ越しの前に地元である鳥取県鳥取市に帰省した。やはり地元は落ち着くし、一家団らんは楽しい。しかし、そのなかで話題になったのは、深刻な「人口減少」と「高齢化」。私の地元に限らず、地方は国の課題を先取りしている傾向にあるが、特に私の家族のような地方都市で事業をしている人たちに、人口減少と高齢化が大きな影響を及ぼしているということを痛いほど感じている。

安倍総理は次期臨時国会で「地域再生改正法」を提出し、地方の人口減少を食い止めるための予算をつけていくという。政治的には正しい判断だと思う。来春に待ち構える統一地方選挙において、滋賀県知事選挙の苦杯を挽回するために、地方に予算をつけて得票を狙っていくというわけだ。

しかし、日本の財政からみても、今後、継続的に地方に予算をつけていくことは難しい。持続可能な政策ではないと思う。もはや通常の人口対策では、この問題は解決できないであろう。私はここで、「地域再生」ではなく、「二地域間居住」を提案したい。予算をつけた政策によって、若い人たちを田舎に移住させるのではなく、国民全体が地方と都市を行き来しながら生活できるようにするのだ。