[サッカー]
大野俊三「アギーレジャパンは海外でアウェー経験を」

 日本代表の新監督に、ハビエル・アギーレの就任が発表されました。彼が日本のいい部分をどう生かし、ブラジルW杯で世界との差を見せつけられた部分をどう修正するのか。ひいては日本サッカーをどの方向へ導くのかが非常に楽しみです。

“守備的なサッカー”の本質

 アギーレは選手としても指導者としても豊富な経験を持っています。キャリアの中で多くの失敗をしたでしょうが、その分、そこから立ち直って成功したケースもあったと思います。実体験に基づいて、選手たちに具体的なアドバイスができるでしょう。

 またアギーレは守備的なサッカーを好むとの情報もあります。しかし、これは引いて守りを固めるということではなく、しっかりとした守備の上に成り立たせるサッカーと私は捉えています。つまり、問われるのはディフェンスの質です。

 ゴール前にセンタリングを放り込まれた時、DFが優先すべきなのは、ゴールから遠いところへボールをクリアすること。たとえば右サイドからのクロスであれば、同サイドへクリアするのがベストです。相手の人数が揃っている中央へ弾き返してしまうと、セカンドボールを拾われて波状攻撃につなげられる可能性が高まります。クリアする方向をある程度、チームで統一できれば、セカンドボールに対する反応を速めることも可能です。

 そして前線からのプレスもDFは常に100パーセントの力で行う必要はないと考えています。焦ってプレスに行ってスペースを与えてしまったほうが、リスクは大きくなりますからね。相手のDFが余裕のある状態でボールを持った時は、FWには攻撃の進行方向を限定させる。そして1.5列目、ボランチ、サイドバックと連係しながら、最終的にはGKとの位置関係を確認してシュートコースを切ればいいのです。もちろん、シュートを打たれる前にボールを奪うに越したことはありません。大事なのは、ボールを奪えそうな時と、そうでない時の対応を全体で統一しておくことです。

 日本の良さは組織的に動けること。アギーレには、この点を生かしながら、守備のクオリティを高めていってほしいですね。