[ボクシング]
杉浦大介「2大スター、次期防衛戦の背景を探る」

再戦も第1戦以上の内容は望み薄

メイウェザーとマイダナの再戦が決まった理由は?

 9月13日 ラスベガス/MGMグランドガーデン・アリーナ
 WBA・WBC世界ウェルター級、スーパーウェルター級王者
フロイド・メイウェザー(アメリカ/46戦全勝(26KO))
vs.
 元WBA世界スーパーライト級、ウェルター級王者
マルコス・マイダナ(アルゼンチン/35勝(31KO)4敗)

「再戦も良いじゃないか。ファンが望む試合をこなしていきたいんだ。みんながメイウェザー対マイダナの第2戦を観たいなら、それをお届けするまでさ」
 ニューヨークで行なわれたキックオフ会見の際、無敗の5階級制覇王者、メイウェザーはそう語っていた。

 今年5月に行なわれた両者の第1戦は、マイダナの健闘ゆえに接戦となり、メイウェザーが2-0の判定勝ち。普段はワンサイドが多い最強王者の試合としては意外にもエキサイティングな内容となった。ただ、“ファンが待望している”とまで言ってしまってオーバーだろう。

「マイダナも見せ場はつくった。しかし彼が奪ったのはせいぜい3、4ラウンド。俺の勝ちは動かなかったはずだ」
 選手の自己採点は甘めのことが多いが、前戦に関するメイウェザーの言葉はおおげさ過ぎはしない。マイダナが善戦したのは確かだとしても、クリーンヒットの多さでは無敗王者が明らかに上で、勝敗自体は明白に思えた。

 手のうちをすべて曝し尽くした後で再戦しても、マイダナにこれ以上の上がり目があるとは考え難いのも事実。37歳になった王者が短期間に急激に衰えでもしない限り、第1戦以上の内容にならないのではないか。