キーワードは"のんびり"。小笠原諸島のカタツムリは生物進化の縮図だった!
~絶海に浮かぶ島に棲む生命の神秘~
小笠原の代表的なカタツムリ「カタマイマイ」
東北大学大学院生命科学研究科教授
千葉 聡先生

1986年、東京大学理学部地理学教室を卒業。東京大学大学院理学系研究科を経て、現在は東北大学大学院生命科学研究科生態システム生命科学専攻教授。四半世紀にわたり、小笠原諸島の生態系を研究

小笠原は、カタツムリの楽園

松尾貴史(以下、松尾) 進化生物学者の千葉聡先生は、小笠原諸島で四半世紀にわたり、カタツムリの生態を追い続けているとうかがいました。まず、小笠原諸島について教えてください。

千葉聡(以下、千葉) 小笠原諸島とは、東京湾から南に1000キロメートル以上離れた、太平洋上にある島々です。よく"絶海の孤島" という表現がありますが、小笠原の周囲はまさに絶海といえます。それぞれの島はとても小さく、いちばん大きな父島でも面積は約25平方キロメートル。クルマで道路を走ると1周約30分でまわれてしまうほどのサイズです。

松尾 本土から1000キロも離れているんですか! でも、東京都なんですよね?

千葉 ええ、東京都です。しかし、もともと小笠原諸島は火山島で、今まで一度も陸続きになったことがないのです。そのため風や波などで運ばれてきた生命が、隔離された環境で独自の進化を遂げました。結果、姿、形、性質が本土とはまったく異なる生物がたくさんいるわけです。

松尾 では、生態系に人間の影響がまったく及んでいない島だったわけですね。

千葉 ええ、人間が移り住むまでは、ほんとうにそういう状態でした。人がペットとして連れてきたり、船の積み荷などに紛れて運ばれてくるまでは、島にはカエルなどの両生類は1種もいませんでした。哺乳類もコウモリ1種を除いてはいなかったんです。

現在でも、生息している昆虫の約30%は固有種、植物では木本(もくほん)植物といういわゆる"木になる" 植物の70%が固有種だと考えられています。つまり世界中で小笠原だけに生息する種だということです。

もっと!科学の宝箱 もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,296円(税込み)

◎最新科学の"真実"が一冊の書籍に!

毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、科学についてトークを繰り広げているラジオ番組「東京エレクトロンPresents 夢☆夢Engine!」。これまでに登場したゲストの方々が話してくださった25のサイエンストークを収録した「もっと!科学の宝箱」が7月15日に発売となりました。統計学者の鳥越規央先生や、モグラ研究の第一人者である川田伸一郎先生など、第一線で活躍する科学者の先生による貴重なお話をご紹介します。

千葉先生が命名したオトメカタマイマイ。小笠原諸島の母島で発見された。

松尾 へぇ~、すごいですね。そんな希少な生物が棲む小笠原諸島で先生が研究されているのが、なんとカタツムリということですが・・・。小笠原のカタツムリはおもしろいのですか?

千葉 小笠原は非常に小さい島ですから、すばやく動ける生き物にとっては狭い世界なんです。そのため、俊敏な生物はあまり多様な進化をしなかったのですが、カタツムリは動きが遅いので、非常に狭い範囲で多様な進化が起こったのです。ですから、小笠原のカタツムリは、生物多様性や進化の本質を研究するのに非常によい材料といえます。

松尾 なるほど。カタツムリにとっては、小笠原諸島は広い世界ということですね。ちなみに、小笠原のカタツムリは、だいたい何種類いるのでしょう?

千葉 少なくとも100種類以上、およそ120種類です。今もまだ、カタツムリの分類の研究が進んでいる途中なので、正確な種類の数はわからないですが・・・。日本全国に、約800種ぐらいいるといわれています。

松尾 へぇ~、小笠原だけで120種類もいるんですか! そのなかには先生が発見したカタツムリもいるそうですね。

千葉 そうですね、だいたい40種ぐらい・・・。

岡村仁美アナウンサー(以下、岡村) ええーっ! 多いですね!

千葉 多いように思うかもしれませんが、最近では遺伝子の解析技術が非常に進歩してきているので、今までは見わけられなかった遺伝子の違いもわかるようになり、それで新しい種類をみつけられたということです。

松尾 いや、それにしても40種も発見したということはすごいことですよ!

岡村 もともと小笠原に入ってきたのは、1種類だったのでしょうか?

千葉 いいえ、最初に何種類か入ってきて、それらのうちのある種類は島のなかで30種にわかれ、ある種類は20種にわかれ・・・というように多様化した結果、今では120種類ぐらいになったようです。

松尾 その最初のカタツムリは、どうやって島に来たんですかね。空から降ってくるわけにはいきませんし。

千葉 種類によってさまざまなルートがあったと考えられますが、比較的大きなカタツムリは、台風などのあとに流木などに乗って流されてきたのではないかと思います。実は、カタツムリは塩水に強いんですよ。

松尾 えー! 塩をかけると小さくなって溶けちゃうイメージがあるんですけれど(笑)。

千葉 それはナメクジです。余談ですが、実は私はナメクジが苦手なんですよ・・・。

岡村 えーっ、意外ですね~(笑)。カタツムリとナメクジって、似ていますけどね(笑)。

千葉 ええ、ナメクジとカタツムリは、分類学上はほとんど同じ仲間なのですが、私はナメクジが苦手で、ナメクジが出ると「ぎゃーっ!」と叫んでしまいますね。殻があるかないかで、かなり違うので・・・。

松尾 そういうものですか(笑)。では、さっそく小笠原の代表的なカタツムリを紹介していただきましょう。

千葉 そうですね。特に昔から注目して研究していた「カタマイマイ」という種類のカタツムリがいます。

松尾 カタマイマイ? このカタマイマイの「カタ」とはなんですか?

千葉 文字どおり「硬い」、硬い殻を持つという意味です。驚くことに、踏んでも割れないほど硬い。殻が硬い理由は、まだよくわからないのですが、火山島なので、おそらく土壌から炭酸カルシウムを採るのが容易だったからかもしれませんね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら