中国
中国全土が震撼した周永康立件もゴールではない!? 江沢民 vs.習近平の仁義なき権力闘争はまだまだ続く
周永康氏 〔PHOTO〕gettyimages

「刑不上常委」という言葉が完全に覆された

〈 周永康の重大な紀律違反容疑に関して、中国共産党中央委員会は決定した。「中国共産党章程」と「中国共産党紀律検査機関案件検査工作条例」の関係規定に基づき、中国共産党中央紀律検査委員会は本件の審査を立件する。 〉

7月29日午後5時59分、このわずか漢字69文字のそっけない記事が、中国国営新華社通信から配信されると、中国全土が震撼し、世界のトップニュースとなった。

周永康---わずか2年前の11月まで、世界最大の政党・中国共産党8668万人の序列9位に君臨した中央政治局常務委員である。担当は法務と公安で、全国250万の警察組織を牛耳っていた。1989年の天安門事件で、趙紫陽総書記が失脚して以降、中国政界で最大級の大物の失脚である。

思えば、昨年8月にも、薄煕来裁判という「見世物」があった。それが習近平主席は、今年は、昨年よりさらに上の大幹部を、晒し者にしたのである。

今回のニュースにいちばん驚いたのは、中国のエリート層かもしれない。私はこれまで彼らに何度となく周永康問題について聞いてきたが、返ってくる答えは、いつも「刑不上常委」。つまり、「刑不上大夫」(刑は大幹部には及ばない)という中国の諺をもじって、「刑は常務委員には及ばない」というものだ。「なぜなら、たった7人とか9人しかいない最高幹部を切れば、自己の政権自体が危うくなるのだから」。

この言葉には一応の説得力があったが、今回の一件で完全に覆されてしまった。そのため中国のエリート層たちの間で、「昨年末に金正恩第一書記が張成沢・党行政部長を粛清した時の平壌のエリート層たちのような動揺」が拡がっているのである。