入社4ヵ月で単身ミャンマーへ、貧困地域でオーガニックハーブ栽培
今年7月にミャンマーに渡った田崎さん

田崎沙綾香さんは入社4ヵ月で単身ミャンマーへ渡った新入社員だ。今年4月、ソーシャル・ビジネスを行うベンチャー企業に入社し、無農薬でできたハーブティを販売する部署に配属された。最低2年間は同国に滞在し、現地の貧困地域で、無農薬ハーブの栽培指導を行い、自立支援を行う。

田崎さんが入社した会社は、ボーダレス・ジャパン(東京・新宿)。配属された部署では、オーガニックハーブティ「AMOMA natural care」の企画・販売にかかわっている。無農薬なので、妊娠期や授乳期の母親に親しまれている商品だ。

ハーブティは乾燥した茶葉に直接お湯を注ぐため、農薬を使用している場合、コップに薬が広がってしまう。農薬で子どもに影響を与えたくないという母親の思いに応えた。原料となるオーガニックハーブはアジアやアフリカなどの貧困地域における小規模農家からフェアトレードで購入している。

このほど、田崎さんがミャンマーに渡ったのは、オーガニックハーブの栽培農家を増やすためだ。今年5月に上司と2人で10日間ほど、同国で現地視察を行った。複数の農村を周り、同国北東部にあるシャン州のリンレイ村に決めた。その村では、電気も水道も通っておらず、200世帯の全員がタバコ栽培で生計をたてている。