立花隆のセカンドステージ大学「現代史の中の自分史」講義 【第2回】---自分史本文を書き始めよう

「これからの人生(セカンドステージ)のデザインになにより必要なのは、自分のこれまでの人生(ファーストステージ)をしっかりと見つめ直すことである。そのために最良の方法は、自分史を書くことである」。(『自分史の書き方』より)

熟年層や就活生を中心に昨今ひそかなブームとなりつつある「自分史」。自分の人生を知る最良の方法でもあるこの自分史の書き方のノウハウを、「知の巨人」立花隆氏が一冊の本にまとめたのが、その名もズバリの『自分史の書き方』(講談社刊)である。その一部をご紹介していきたい。


               * * *

「立花隆の自分史倶楽部」では、立花隆氏の著書『自分史の書き方』を参考にして「自分史」を書いた方の投稿を募集中です。
「自分史」の投稿募集要項はこちら

立花隆 セカンドステージ大学「現代史の中の自分史」講義内容記録(内容別統合)
講義日:2008年4月17日~2008年7月10日 全13回


【目次】
1.  第1章: 自分史作りを始めよう
2.  第2章: 自分史年表を書こう、人間関係関連図をつくろう
3.  第3章: 自分史本文を書き始めよう
4.  第4章: 社会の一員として現代の記録を残す
5.  第5章: 立花隆式文章作法

6.  第6章: 本文を読み易くする
7.  第7章: 自分を見つめ直す
8.  第8章: 内容を深く・厚くしていく
9.  第9章: 大きな視点で自分を捉えよう
10.  第10章: 仕上げよう

* * *

第3章: 自分史本文を書き始めよう

1. 自分史本文の書き方(第3回講義)
―――――――――――――――――――

(ア) 自分に起こったイベント/エピソード一覧
これは自分史の目次になる。

(イ) 先ずはエピソードごとに箱を作り、そこにエピソードを示す文を書き込む。最初の段階としてはこれでOK。自分史はエピソードが核である。これが出来れば、次にエピソード間をつなぐ文章を作っていけばよい。

(ウ) 最初から一気に完成形を書こうとは思わないでよい。最初は少しでよい。それを読んでいると、書き足したいことが思い出されてくる。追加部分を加えてゆけばよい。そうすると最初は10枚のものが100枚になっていく。

(エ) 記憶の良い人は、1つのエピソードのところで深く入り込み、次へなかなか進めないことが起きてしまう。このような人は

(1) 強制的にストップして、別のところへ進む。
(2) 今のところから、新たな方向新たな視点に展開してみる

2. 自分史全体の流れ(第4回講義)
―――――――――――――――――――

(1) 自分史は書くに値するエピソードをつないでいくことになるが、その時いつも同じ調子で書くのではなく、メリハリをつけることが必要

3. 自分史全体の構成(今までとは異なった新たな方法)(第4回講義)
―――――――――――――――――――

(ア) 自分史全体を複層(3層とか4層)で書きたいが、どうすればよいかという質問がありました。これに対する答えは

(1) このような書き方をするには次のような方法がある
  1. 本文のそれぞれの塊ごとに、複層の間を行き来して書く
  2. 本文の流れの中に、枠をとって、そこに他の層を入れていく
(2) 自分史を複層で見るという視点は誰にでも必要

4.自分史に含める内容について(第2回、第3回、第4回講義)
―――――――――――――――――――

(ア) 自分史は、知、情、意をカバーするようにすること

(イ) 写真、イラストを本文中に挿入すると良い
写真、イラストはそれだけで多くの情報を持っている。文章中に入れることで訴える力が増す。

(ウ) 出来事、エピソードを書くときは、2つの視点で書くことで、分かり易くなる。

(1) そのときの自分の見た内容(自分の目、子供のときであれば、子供の目でみた内容)
(2)上記に、客観的に表現することを追加する(客観の目)

(エ) 挿入した写真には、短いコメントを入れるとより生きてくる。

(オ) 自分の周りの人で、人間的に魅力ある人は、書き甲斐ある人といえる。そのような人との会話などを具体的に書き込むと良い。

『自分史の書き方』
著者:立花隆
講談社 / 定価1600円(税別)
Amazonはこちら
楽天booksはこちら
 
知の巨人・伝説の講義「現代史の中の自分史」を書籍化。

セカンドステージ(これからの人生)のデザインになにより必要なのは、自分のファーストステージ(これまでの人生)をしっかりと見つめ直すことである。そのために最良の方法は、自分史を書くことだ。
立花隆 伝説の講義「現代史の中の自分史」+受講生13名の豊富な作例で、授業を完全書籍化。受講生が製作した「自分史年表」「人間関係クラスターマップ」つき。

己の人生を歴史に刻む。
手順さえ踏めば誰でも書ける。
この1冊が生涯の友になる。

今までになかった「自分史ガイド」の決定版!!

(カ) 本文の中に挿入するのは写真とは限らない。イラストも良い。通信簿の先生のコメント欄とか、性格の評価欄なども自分を示す良い材料。通信簿は多くの人がとってあるのではないか。

(キ) 子供の頃に家族(たとえば母)との連絡ノートのようなものを作った人は、これを使うと、家族内のことがよく分かってよい。使いたい部分を生で使うとリアル。

(ク) 家族が自分に残してくれた文章・手紙なども上記と同様である。

(ケ) 自分史は自分の書きたいところを書けばよい。

(コ) 自分史はそれぞれ自分に合わせて作ればよい。要は何でも有り。例えば、普通には親のこと、自分の子供の頃から始めるが、子供の頃が思い出せない人は、成長したところから書いてよい。但し、子供の頃をただ単に記述しないのではなく、「自分は子供の頃のことは記憶に残っていない」と書けば良い。それが自分の1つの面を示したことになる

(サ) 記憶の中には“動く絵”として記憶されているものがある。その映画の中で、自分は主役だが、これに加えて、自分が映画監督になって、それからカメラマンになってみて、場面を見てみよう。そうすると書いてないことがあるのに気づける。そのとき**さんはどうしていたのか、□□の場所はどうなっていたか、など。

(シ) 初恋の話:すでに何人か書き込んでいるが、これはエモーション(情動)が強いものだから、訴える力が強い

(ス) 自分が好きなことを書き込むことは訴える力が強い。たとえば車に入れ込んでいる人は、「自分の車好きの歴史」を書き込む。

(セ) 社会人になってからの大失敗、困りに困ったと言う経験は、たいていの人にあるはず。記憶に刻み込まれていると思う。これも大事なエピソード。

(ソ) 家族との葛藤、家族との関係で自分の気持ちを大きく揺さぶられたこと、等も自分史の中に入ってくる重要なこと。家族との関係で心を動かされる話も勿論自分史の対象。尚、家族との葛藤を書くことは、自分自身のカタルシスにもなる。

(タ) 自分が愛着を持っていたものにまつわる話も良い。

5. 引き出しの奥から昔のものを取り出してきて、自分史に活用する(第6回講義)
―――――――――――――――――――

(ア) 母親が書いて残してあった“育児日記”を見つけ出して、自分史に使った方がいる。育児日記に何と書いてあったかを、自分史本文の中に転記して、それと対比させながら自分史を書き進めている。育児日記を見つけたことで、自分史の中に母親の目、母親の心が入ってきており、それに応じて自分で書き込んだ部分も深く、詳細になっている。

(イ) 育児日記と自分史を種に、作成者本人と母親が話をすることも書かれている。母親の書いた育児日記が、何十年も経って子供のために役立っている。これはまさに子孫のために自分史を残すことの重要さを示している。

(ウ) 育児日記には、育児にかかった諸経費が詳しく残されていた。これもその当時の社会の状況を伝えてくれる貴重な資料である

(エ) 父親が残してくれた「従軍記録」もおなじように訴える自分史作りに繋がる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら