雑誌
あなたはどう思う?小泉純一郎「原発ゼロ」独演会90分を全文掲載!「おかしいと言う私が変人なのか」
小泉元総理のカリスマ性はいまだ健在〔PHOTO〕gettyimages

7月7日、会場の東京国際フォーラムは4000人以上の聴衆で埋め尽くされた—。開催されたのは小泉純一郎元内閣総理大臣の講演会。一度口を開いたら、誰もこの男を止めることはできない。

「頭の良い人」にダマされた

細川(護煕)氏を推した都知事選にも負け、もう「過去の人」と言われているんですけれど(笑)、まだ私の話を聞いてくれる人がこれほどいるんだと驚いております。

私、「総理のときになぜ原発ゼロと言わなかったんだ」とよく言われるんですよ。もっともな疑問です。でも当時は「原発は安全でコストが安くて、クリーンなエネルギーだ」という専門家の方々の話を聞いて—何せ頭の良い人たちが言うのですから—「なるほどな」と思っていました。

ところが、3年前の3月11日に福島の悲惨な事故があった。この時以来、自分なりに原発とはどういうものなのか、本を読んだり人に話を聞いて勉強してまいりました。そこで疑問を感じたんです。日本は本当は原発を造ってはいけない国なのではないか?と。

日本は核兵器の保有国ではありません。それに日本は国土が狭い。アメリカのカリフォルニア州程度です。その中に1億2000万人もの人がいる。しかも、他国に比べ、地震や津波など自然災害が圧倒的に多い。

原発は火力や水力といった他の発電方法に比べて、コストが一番高いということがわかってきました。単純に発電するだけなら安いかもしれないが、安全対策、事故が起きた際の賠償や廃炉にかかる費用や年月、作業員の確保を考えるとカネ喰い虫なんです。そして何より最終処分場の確保はいまだに出来ていません。しかも、これらの負担はいま生きている我々だけにかかるわけではない。50年、100年どころか、千年、万年という単位なんです。

ひと月程前だったか、NHKでアメリカ・バーモント州の原発を扱ったドキュメンタリーが放送されていました。住民が賛成派と反対派に分かれ、稼働を続けるか停止するかを争った。もちろん原発を認めれば補助金が出て、住民の生活が良くなる。日本と似たような状況です。そんな中、行われた州知事選挙は反対派の候補者が勝利。それに反発した賛成派が連邦裁判所に訴え、「原発の稼働に関する権限は州政府にはない」という判決が出た。

ところが、反対派ががっかりしているところ、思いがけない結果になったんです。それは……会社の名前を忘れちゃった。どうも最近物忘れが多くてね(笑)。ともかくその電力会社が記者会見で「原発から撤退する」と発表したんです。原発は住民対策や技術的な問題を考えると割に合わない。このまま推進していったら会社の経営は危なくなると。

日本でも経営者が賢明だったら、「原発は合理的ではないし、安全でもない。これから起こり得る事故を考えると、コストも安くない」と気付くはずです。ひとたび事故が起こったら取り返しがつかないんですから。

大体、原発の研究者とか技術者、電力会社の経営者、幹部たちはみんな学業成績優秀で頭脳明晰な、いわゆる「頭の良い」人たちです。でも、頭が良いはずなのに、判断力がない(笑)。洞察力もない。甘いっていうかね。国民に「税金をくれ、税金をくれ」ってよく言えると思う。

ああいう人たちは、国民の宝である税金をなんだと思っているのか。千年、万年にわたる税負担を負わせておいて、なおかつまだ原発を動かそうとしている。おかしいと言う私が「変人」なのかと問いたい。

いまCO2を削減する技術がどんどん進化しています。先日、清水建設の新本社に見学にいきました。このビルは省エネ技術がすごいんです。当初、CO2の削減目標を5割と立てた。それから1年経って、予想を超えて7割ものCO2排出を削減できた。いずれこういうビルが増えていくでしょう。日本にはこういった省エネ技術を実現できる技術力があるんです。

自動車だってそうですよ。トヨタ、ホンダもCO2を排出しない「燃料電池車」を実用化して販売しようとしている。かつては1台あたり1億円かかると言われていたが、今年売り出そうとしているのは700万円以下。日産は電気自動車で、寝ている間にコンセントで充電できる。各社、様々な努力を続けています。これから企業や家庭にどんどん普及していきますよ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら