経済の死角

あなたはどう思う?小泉純一郎「原発ゼロ」独演会90分を全文掲載!「おかしいと言う私が変人なのか」

2014年07月30日(水) 週刊現代
週刊現代
upperline
小泉元総理のカリスマ性はいまだ健在〔PHOTO〕gettyimages

7月7日、会場の東京国際フォーラムは4000人以上の聴衆で埋め尽くされた—。開催されたのは小泉純一郎元内閣総理大臣の講演会。一度口を開いたら、誰もこの男を止めることはできない。

「頭の良い人」にダマされた

細川(護煕)氏を推した都知事選にも負け、もう「過去の人」と言われているんですけれど(笑)、まだ私の話を聞いてくれる人がこれほどいるんだと驚いております。

私、「総理のときになぜ原発ゼロと言わなかったんだ」とよく言われるんですよ。もっともな疑問です。でも当時は「原発は安全でコストが安くて、クリーンなエネルギーだ」という専門家の方々の話を聞いて—何せ頭の良い人たちが言うのですから—「なるほどな」と思っていました。

ところが、3年前の3月11日に福島の悲惨な事故があった。この時以来、自分なりに原発とはどういうものなのか、本を読んだり人に話を聞いて勉強してまいりました。そこで疑問を感じたんです。日本は本当は原発を造ってはいけない国なのではないか?と。

日本は核兵器の保有国ではありません。それに日本は国土が狭い。アメリカのカリフォルニア州程度です。その中に1億2000万人もの人がいる。しかも、他国に比べ、地震や津波など自然災害が圧倒的に多い。

原発は火力や水力といった他の発電方法に比べて、コストが一番高いということがわかってきました。単純に発電するだけなら安いかもしれないが、安全対策、事故が起きた際の賠償や廃炉にかかる費用や年月、作業員の確保を考えるとカネ喰い虫なんです。そして何より最終処分場の確保はいまだに出来ていません。しかも、これらの負担はいま生きている我々だけにかかるわけではない。50年、100年どころか、千年、万年という単位なんです。

次ページ ひと月程前だったか、NHKでア…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ