[裏方NAVI]
中西靖(コンディショニングトレーナー)<後編>「原因究明・対処こそが真の治療」

 試合本番に向けてのコンディショニングと聞くと、すぐに思い浮かぶのがフィジカル的要素であろう。疲労を残さず、いかに万全な状態へともっていくことができるか、と考えるのが一般的だ。だが、実はここで忘れてならないことがある。メンタル的要素だ。なぜなら、「身体と心はつながっている」からである。

「身体の動きは、すべて脳からの指令によって行なわれているんです。だから条件反射として、頭でイメージしたことは必ず身体に出る。例えば試合前に不安になって悪い結果をイメージすると、脳を通じて身体の神経が乱れる。そうすると、腹痛を起こしたり、筋肉が硬くなったりするんです」
 主に陸上選手のコンディショニングトレーナーを務める中西靖はこう説明する。

 故障をしたり、身体のどこかに痛みが発症すると、誰もが「痛みをとり、元の状態に戻す」治療にとりかかる。確かに重要なことだ。だが、実はそれだけでは、その場限りの治療にすぎない。真の治療は、痛みの原因を究明するところから始まる。

「身体のどこかに痛みが発症すると、その部分の治療をして完治したら終わりという人が多い。それはトップアスリートにも少なくないんです。でも、なぜ痛みが出てきたのか、その原因を追求することが実は一番大事。大げさに言えば、治療をしなくても、それさえ究明できれば、痛みが治まる場合だってある。それに原因がわからないままでは、また同じようなトレーニングや生活をして、ケガを繰り返すことになりますからね。長く競技を続けようと思えば、時間はかかっても、原因をはっきりとさせることが重要です」
 身体の異変に、気持ちの部分が大きく影響していることは決して少なくない。