サメへの愛と情熱が発揮できる最高のアクティビティ、カラー魚拓!
マオナガの魚拓と筆者

焼津に水揚げされた「マオナガ」

早朝のラジオ局へ向かう道すがら、携帯に一通のメールが届いた。受信ボックスを開いてみると、愛くるしいサメの写真。その魅力的な極端に長い尾びれから、オナガザメの仲間であることは一目瞭然だった。

送り主は静岡県焼津(やいづ)市の深海ザメ漁師のカズさん。知り合いの船が今朝方に水揚げしたということで、種名を確認したいという内容だった。焼津ではあまり水揚げされないサメだという。

オナガザメの仲間は世界中に3種類しかいない。私は小笠原諸島父島でサメの研究をしていたときに、小笠原式縦縄漁法にて漁獲されたハチワレとニタリというオナガザメの仲間を解剖したことがある。しかし、この写真のサメはそのいずれとも違うようだ。

断定するには現地での正確な種査定が必要となるが、写真で見る限り、これは私がまだ出会ったことのない「マオナガ」だった。

マオナガは小笠原でもあまり漁獲されないサメだが、オナガザメの仲間の中で一番美味しいサメだと小笠原の漁師さんが言っていたことを思い出した。私はマオナガの実物を見てみたいし、更にステーキにして食べてみたいとも思い、漁師のカズさんにこのマオナガの行く先を尋ねてみた。すると、これから冷凍して魚拓の専門家へ受け渡すことが決まっているとのこと。そんな残念な返答をいただいたものの、ラジオ番組の生放送の間中、私のマオナガへの気持ちは募るばかりであった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら