オムツ、肉まん、野球の采配---世の中はこんなにも統計学で溢れている!
~「数理統計学」について学ぶ~
出口調査の仕組み。サンプルデータそのものに、偏りがないことが大事だ
統計学者
鳥越規央先生

1969年、大分県生まれ。筑波大学を卒業後、筑波大学大学院数学研究科を修了。理学博士。著書に『9回裏無死1塁でバントはするな』(祥伝社)など。スポーツを統計学から分析する専門家

数理統計学とは?

松尾貴史(以下、松尾) 本日のゲスト、鳥越規央先生の専門分野は統計学だそうです。勝手な印象ですが、統計と聞くとコツコツと地道な作業を要求されるイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょう?

鳥越規央(以下、鳥越) おっしゃるとおり、派手な分野ではありません(笑)。でも、僕は統計的なデータを見て、地道に分析していくことにむしろハマってしまいまして・・・。思えば、高校時代から統計データの分析が好きでした。

松尾 根っからの統計好きですね(笑)。先生は、「数理統計学」という分野を研究されているそうですね。

鳥越 ええ。統計学とはデータを収集して集計する学問ですが、なかでも私が研究している「数理統計学」は収集したバラつきのあるデータの裏に隠された規則性や性質を、数理科学的に探るというものです。

松尾 簡単にいえば、データから物の傾向を見る学問ということですよね。

鳥越 ええ、そうです。

もっと!科学の宝箱 もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,296円(税込み)

◎最新科学の"真実"が一冊の書籍に!

毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、科学についてトークを繰り広げているラジオ番組「東京エレクトロンPresents 夢☆夢Engine!」。これまでに登場したゲストの方々が話してくださった25のサイエンストークを収録した「もっと!科学の宝箱」が7月15日に発売となりました。統計学者の鳥越規央先生や、モグラ研究の第一人者である川田伸一郎先生など、第一線で活躍する科学者の先生による貴重なお話をご紹介します。