[アイランドリーグ]
香川・寺田哲也「理想は完全試合右腕・八木沢荘六」

~注目選手に訊くVol.1~

 四国アイランドリーグPlusは後期シーズンがスタートして約3週間が経った。NPB入り、復帰を目指してプレーする選手たちにとっては野球人生を賭けた熱い夏の到来だ。

 独立リーグNo.1ピッチャーと評され、昨季までBCリーグ・新潟のエースだった寺田哲也は今季、香川に移籍した。新潟では2012年にリーグ最多の14勝(4敗)をあげ、チームの日本一に貢献。昨季も15勝(2敗)をマークして2年連続の最多勝に輝いた。しかし、NPB入りは叶わず、今季を“ラストチャンス”と定め、四国へやってきた。作新学院高、作新学院大を経て、独立リーグ生活は5年目。27歳を迎えた右腕に、ドラフト指名への決意を訊いた。

ロッテ・岡田らとの自主トレで体幹強化

140キロ台中盤のストレートに、フォークボール、チェンジアップ、スライダー、シュート、カーブと変化球も多彩。

――前期の成績は4勝4敗、防御率3.49。奪三振103個はリーグトップとはいえ、数字的には不満が残ったのでは?
寺田: 成績としては恥ずかしい結果になりました。ストレートしか納得のいくボールがなかった。その中で三振を多くとれたのは前向きにとらえたいです。変化球もコントロールを良くして、自分の感覚を取り戻せば、もっとやれると感じています。

――BCリーグ・新潟では2年連続で最多勝をあげながら、ドラフト会議で指名がありませんでした。一時は引退も考えていたとか。
寺田: 最初は辞めるつもりで、球団にも話をしていました。ただ、最後の悪あがきで新潟でのボストン・レッドソックスのトライアウトを受けたんです。その練習をするうちに、「今年よりも来年はもっといいボールが放れるかもしれない」と感じました。昨季は球速がMAX147キロしか出なかったのですが、もっとスピードが出そうな体の使い方をつかめたし、変化球もさらに良くなる手応えがあったんです。

――NPB入りへ現役を続行し、香川への移籍を決断しました。この1年で勝負するにあたって、今までと変えた部分はありますか。
寺田: オフに地元の栃木で高校の先輩である千葉ロッテの岡田(幸文)さんをはじめ、福岡ソフトバンクの細川(亨)さん、北海道日本ハムの赤田(将吾)さんらと自主トレをする機会がありました。その際、一緒に体幹トレーニングができたのは大きかったです。僕は決して体幹が強いほうではなかったので、かなり鍛えられましたね。体の軸がしっかりしてピッチングをしていてブレなくなりました。

――それだけに前期、結果が出ないと精神的にもきつい面があったはずです。
寺田: 結構しんどい時もありましたね。僕が投げる試合は、なかなかチームに勝ちがつかない……。でも「今は我慢する時期なんだ」と自分に言い聞かせていました。

――アイランドリーグとは2012年の独立リーググランドチャンピオンシップで香川相手に2試合に先発し、いずれも無失点に抑えて新潟を日本一に導いています。とはいえ、シーズン通して投げるのは初めて。BCリーグとの違いに慣れない点もあったのでしょうか。
寺田: それは関係ありませんね。球場の雰囲気や練習時間に違いはありますが、野球のレベルに関しては差はない。結果が出ていないので、あまり説得力はないかもしれませんが(苦笑)。