[野球]
佐野慈紀「“夢の球宴”だった日米のオールスター」

 今月は素晴らしい “夢の球宴”を2つ観ることができました。15日(現地時間)にターゲット・フィールドで行われたメジャーリーグオールスターゲーム、そして18、19日の2日間にわたって西武ドーム、甲子園で行なわれたプロ野球オールスターゲームです。どちらも球界きってのスター選手たちが、存分に力を見せつけてくれた、内容の濃い球宴でした。

心を動かされたジーターへの敬意

「これぞ、メジャーリーグだ」。夢の球宴が幕を閉じた後、そんな興奮に包まれました。アメリカンリーグの主砲ミゲル・カブレラ(タイガース)の豪快な一発はもちろん、両リーグともに出てくる投手陣はみんな素晴らしいピッチングを披露してくれたメジャーリーグオールスター。選ばれた実力者たちがそれぞれの持ち味を存分に発揮し、観ている者を魅了してくれました。

 私が特に心を動かされたのは、やはり今季限りで引退を表明しているデレク・ジーター(ヤンキース)への球場全体の雰囲気です。まるでジーターの本拠地であるヤンキースタジアムであるかのように、ファン、選手はもちろん、そこにいるすべての人たちが彼に敬意を表していることが伝わってきました。

 最も感動的だったのは、初回のジーターの第1打席。スタンドの観衆がスタンディング・オベーションで迎えたのです。さらに驚いたのは、ナショナルリーグの先発、アダム・ウェインライト(カージナルス)までもがグラブをマウンドに置き、観衆と一緒に拍手で迎え、スタンディング・オベーションが終わるのを待ってくれていたのです。その理由を彼はこう語っています。
「あれは彼のための瞬間。(スタンディング・オベーションを)楽しんでほしかった」
 泣けてくるコメントですよね。

 来年からは、ヤンキースにジーターの姿を見ることができません。しかし、私はまだその実感がわかないのです。おそらく来年になって、実際にその光景を見たとしても、現実として受け入れられない自分がいることでしょう。これまではたとえ故障で戦列を離れたとしても、「必ず戻ってくる」という気持ちがありましたから、特に不安に思ったことはありませんでした。しかし、今度は違います。もう二度と、ヤンキースでプレーするジーターを見ることはできないのです。おそらく来年、喪失感を味わうファンは全世界で大勢いることでしょう。

 ジーターが一番すごいのは、あの世界で最も厳しいファンやメディアの視線が注がれているヤンキースで、20年間も第一線で活躍し続けてきたことです。これはプレーのみならず、やはり人格者だったからにほかなりません。思えば、私はジーターの悪い噂を一度も耳にしたことがありません。グラウンド内ではもちろん、グラウンド外でも、彼は真のスターだったのです。そんなジーターの現役時代を観ることができた私たちは、幸せだと思わなくてはいけませんね。