リチャード・ブランソンに質問---いくつもの事業を同時にこなす起業家になるには?
『現代ビジネス ブレイブリーダーシップマガジン』---リチャード・ブランソン「世界を変える経営」より
〔PHOTO〕gettyimages by Thinkstock

同時に複数のアイデアをすすめるべきか、ひとつずつやるべきか

【質問】 異なるいくつかのアイデアを同時に実行することは賢く現実的でしょうか。それともひとつずつアイデアを実現していくほうがよいでしょうか。
(クラット/パキスタン・イスラマバード)

* * *

――ブランソン: クラットさん、これはおもしろい質問です。というのも、それぞれにプラスの面とマイナスの面があるからです。

最初の会社を起ち上げる際は、仕事について大量に、しかも素早く学ぶ必要があります。ですからたいていの場合は、はっきりとした目的意識をもって、ひとつのプロジェクトに注力するほうが最善の方法です。あなたや仲間が一度そのプロセスを経験すれば、そこで学んだことを次の起業にも当てはめることができます。ある時点で、同時に複数のプロジェクトに取り組むことが可能となるでしょう。

ミスのない選択をするには、いつ前へ進み、いつ立ち止まるかということを知っておかなくてはなりませんが、とくに私と同じように、「いけいけ!」が好きなタイプならば、その判断はなかなかできないでしょう。ヴァージングループの初期のころは、そのようなミスひとつで危うく会社をダメにするところでした。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら