歳川隆雄「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

安倍首相訪朝、拉致被害者奪還は「8月28日前後」

2014年07月19日(土) 歳川 隆雄
upperline
「拉致被害者帰還」なら、秋以降も政権運営は安泰か                   photo Getty Images

今週後半の某日、首相官邸の主要幹部2人と、各々昼食、夕食を共にする機会があった。完全オフレコの懇談であり、名前を明かすことはできない。それはともかく、両氏の今後の安倍晋三政権の展望・見立てがかなり違うものであった。

「拉致被害者帰還」が実現するかどうか

平たく言うと、1人目はかなり厳しい見方をしていたのに対して、もう1人はやや楽観的なものだった。具体的に紹介する。

前者は、秋以降の政権運営は集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈変更の閣議決定などで下落した内閣支持率を回復させる有効策が見当たらないので、粛々とかつ愚直に「安倍政策」を推進していく他ないと語った。と同時に、安倍政権に奇策は必要ない、とも断じた。

一方の後者は、アルコールが入っていたこともあるが、安倍政権安定のバロメーターである日経平均株価が9月末頃までに1万6000円台後半から1万7000円を窺うレベルまで上昇、そして安倍外交についても9月から11月にかけて目に見える成果を打ち出せるとの自信を開陳した。

見方の違いは、どこから来るのか。先ず、両氏の安倍首相との距離の差が指摘できよう。両氏共に首相の側近である。しかし、首相外遊同行も含め安倍首相との時間共有がどれだけあり、そこから安倍首相の胸中を推し量り忖度できるのかの違いがあるはずだ。

次ページ 筆者の判定の基準は、現在、北朝…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ