立花隆のセカンドステージ大学「現代史の中の自分史」講義 【第1回】---自分史作りを始めよう!

「これからの人生(セカンドステージ)のデザインになにより必要なのは、自分のこれまでの人生(ファーストステージ)をしっかりと見つめ直すことである。そのために最良の方法は、自分史を書くことである」。(『自分史の書き方』より)

熟年層や就活生を中心に昨今ひそかなブームとなりつつある「自分史」。自分の人生を知る最良の方法でもあるこの自分史の書き方のノウハウを、「知の巨人」立花隆氏が一冊の本にまとめたのが、その名もズバリの『自分史の書き方』(講談社刊)である。その一部をご紹介していきたい。

               * * *

「立花隆の自分史倶楽部」では、立花隆氏の著書『自分史の書き方』を参考にして「自分史」を書いた方の投稿を募集中です。
「自分史」の投稿募集要項はこちら

* * *

この講義議事録は2008年に立花隆氏が行った講義内容を、受講生の一人である伊藤喜一郎さんが整理・編集し直したレジュメ(要約)です。書籍『自分史の書き方』とあわせて活用すると、いっそう理解が深まります。

セカンドステージ大学「現代史の中の自分史」講義録作成にあたって

 

本講義録は、2008年4月17日~2008年7月10日全13回にわたって行われた立花先生の講義の内容をまとめたものである。

講義の一受講者が授業のたびごとに講義の内容を記録し、先生にご確認いただいて講義録として発行し、受講者全員で共有したものをベースにしている。

この講義においては、各受講者は受講としながら自分史を書き進め、でき上がった部分から先生に提出すると、次の講義のとき先生からフィードバックを頂ける進め方となっていた。本講義の受講者は40数名であった。毎回毎回ほとんどの受講者が自分史を提出するので、その文書量は膨大であり、それに目を通してフィードバックをつけるのに、先生は徹夜になってしまうことがほとんどであった。そしてそれらのフィードバック内容は講義の中で全員に紹介された。作成途上の自分史を事例として使いながら、自分史作成の要点が講義されるのは、受講者にとっても非常に納得感が高く、また自分の自分史作成を加速する意識付けとなった。

講義全体の大きな流れは、自分史作成の着手から完成までの手順に従ったものであったが、講義が上記のような進め方であったことから、一つのテーマに関する説明が複数回の講義で繰り返し取り上げられ、しかもその内容がどんどん深く・細かくなっていくというものだった。また前回講義への補足も頻繁に行われた。このため講義録を単純に講義順に並べただけでは、一つのテーマに関する内容が複数個所に分散してしまい理解しづらくなるという問題があった。

それで、本講義録では、自分史作成の着手から完成までの基本的流れにしたがい、全体を10章に分け、異なる講義回に分散していた類似の内容を章単位にまとめることにより理解しやすくした。但し、あくまでも先生の発言をストレートに残すことが必須なので、受講しながら作成した講義録の記述をそのまま使い、第何回目の講義での発言なのかを明示するとともに、同じ章内では原則講義回順に並べた。類似した内容が複数回講義されたことにも意味があるので、文章を一つにまとめるようなことはしなかった。

それから、毎回の授業でいくつもの自分史本文が参照されたが、それはしばしば個人情報を含んでいたので、講義録には一般化したかたちでしか表現していない。参照された自分史本文がなくてもフィートバック内容が理解されるように努めた。

なお、講義は7月10日が最終日であったが、完成した自分史の提出締め切りは9月上旬(夏休み明け)までとされた。多くの受講者が夏休みを使って完成させた。最終講義日から更に2カ月の努力を重ねて、充実した自分史が完成したことになる。この間も、期限内完成に向けて、何人もの受講生が先生から個別に御指導御鞭撻を頂いたことを補足しておきます。

『自分史の書き方』
著者:立花隆
講談社 / 定価1600円(税別)
Amazonはこちら
楽天booksはこちら
 
知の巨人・伝説の講義「現代史の中の自分史」を書籍化。

セカンドステージ(これからの人生)のデザインになにより必要なのは、自分のファーストステージ(これまでの人生)をしっかりと見つめ直すことである。そのために最良の方法は、自分史を書くことだ。
立花隆 伝説の講義「現代史の中の自分史」+受講生13名の豊富な作例で、授業を完全書籍化。受講生が製作した「自分史年表」「人間関係クラスターマップ」つき。

己の人生を歴史に刻む。
手順さえ踏めば誰でも書ける。
この1冊が生涯の友になる。

今までになかった「自分史ガイド」の決定版!!