本当の評価を得るクリエイティビティとはどういうものか

評価の枠から逃れられない私たち

「評価」は誰でも欲しいものだ。これはなにもビジネスの世界だけの話ではない。学校の成績、容姿や性格・・・幼少の頃から私たちは「評価される枠組み」に縛られながら生きている。他人がいる限り、評価が必ずつきまとう。

だから僕たちは、何かモノを生み出すとき、仕事をするとき、どうしても評価を気にしてしまう。「評価されるものをつくるにはどうすればよいか?」 「どうしたら高い評価を得られるか?」と考えて仕事をしようとする。

クリエイティビティとは、モノを生み出す能力のことだ。デザイナーやアーティストだけではなく、普段はクリエイターと呼ばれないビジネスマンであっても、何か生産的な仕事をするのであれば、クリエイティビティが必要になる。

では、本当の評価を得るクリエイティビティとはどういうものなのだろうか?

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら