[NBA]
杉浦大介「レブロン・ジェームス、故郷に帰る」

予想外の古巣帰還

レブロンの電撃復帰を米メディアも大きく伝えている。

 7月11日、NBAに、いや米スポーツ界全体に衝撃が走った。マイアミ・ヒートとの契約をオプトアウトしてFAになっていたレブロン・ジェームスが、「スポーツ・イラストレイテッド」誌の電子版で手記をリリースした。オハイオ州アクロン出身のレブロンにとって地元チームであるクリーブランド・キャバリアーズ(以下、キャブズ)への復帰を、そこで表明したのである。

「できる限りのことをやる。挑戦の準備はできている。僕は故郷に帰るよ」

 過去にMVPを4度獲得し、昨季まで4年連続でヒートをファイナル進出に導いたレブロンは、誰もが認める現役最高の選手である。それほどのスーパースターが2010年までを過ごしたキャブズへの移籍を決断した背後には、戦力的な打算ももちろんあるだろう。

 2013年まで2連覇を達成したヒートだったが、今年のファイナルではサンアントニオ・スパーズに1勝4敗で惨敗。高齢化したロースターは動きが悪く、チーム全体がピークを過ぎたことを感じさせたのは事実だった。

 ただ、筆者個人の意見を言えば、契約オプトアウトを表明した後でも、1~2年の短期契約でレブロンはヒートに残留すると考えていた。
 イースタン・カンファレンスの現状を見れば、たとえピークは過ぎていても、ほぼ同様のコアを保てばヒートは来季もかなりの確率でファイナルまで進める。短期の契約を結べば、チーム側に戦力補強を促す重圧をかけることもできる。

その可能性を認めつつも、現段階でのレブロンのクリーブランド復帰を現実的に考えた人は少なかった。

 キャブズにも徐々にタレントが集まり始めてはいるが、本格化までにあと1~2年はかかる。だとすれば、“キング・ジェームス”はもう2年ほどマイアミで過ごし、もう1度優勝を狙う方がベター。キャブズに戻るとしても、“次の契約”が最高のタイミングではないか。

 そんな風に睨んでいたメディアは、筆者以外にも多かった。しかし、多くの関係者の予想に反して、レブロンは29歳の現時点でクリーブランドへの帰還を選択することになる。その理由は、いったいどこにあったのか。