二宮清純レポート ソフトバンク外野手長谷川勇也玄人を唸らせる「努力の天才」

週刊現代 プロフィール

朴訥を絵に描いたような青年である。山形県鶴岡市で農家の次男として生まれた。小学3年で野球を始め、高校は私立の強豪・酒田南に進んだ。

入学時の酒田南はレギュラーの大半を関西地方からの〝野球留学生〟が占めていた。早くから硬式ボールに慣れた関西出身の選手と、軟式上がりの地元の選手とでは、スタート時点で大きな差があった。

当時の監督・西原忠善の目に映った長谷川は「不器用そのもの」だった。

「軟式上がりの長谷川は最初、外野フライも捕れなかった。距離感がつかめないんです。試合前のシートノックでは彼がフライを捕れないものだから、何度もやり直しになる。まるで個人ノックのようでしたよ(苦笑)」

ただし、と言葉を切り、西原は語気を強めた。

「彼には他の誰にも負けないものがあった。それはストイックさです。鶴岡市の雪深い山間部から自転車と電車で通学していたのですが、一日も練習を休んだことがなかった。

それどころか彼は朝一番で学校にやってきて、夜も最後までグラウンドにいるんです。周りが見たら、ちょっと引いてしまうほどの練習量。正直、もう少し楽しく野球をやってくれればいいのにと思って、本人に〝そこまでやっていたら友達なくすぞ〟と冗談めかして言ったことがあります。

しかし、不器用な彼にとっては、ひとつの道を愚直に突き進むしかなかったのでしょう。それが彼の最大の強みなのかもしれません」

甲子園には2年夏、3年春夏と3度出場したが、いずれも初戦で敗退した。山形のレベルは低く、上位進出は至難の業だった。昨夏は日大山形が県勢初のベスト4に進出したものの、都道府県別の夏の甲子園勝率(2割7分4厘)は今でも最下位である。

だから高校の時点で、プロ野球は夢のまた夢の世界だった。

「一応、子供の頃の夢はプロ野球選手だったんですけど、すごく遠くに感じられました。山形の人間じゃ無理だって……」

骨折も努力で克服

大学は東都リーグの専修大へ。長谷川が入学した時には2部に落ちていた。

「彼については、どこで最初に見たのか記憶にないんです。甲子園だったのか山形だったのか……」

そう振り返るのは野球部GMだった江崎久だ。それくらい地味な選手だったということなのだろう。