[車椅子バスケットボール]
世界の潮流“全員バスケ”の徹底

 7月5~14日、10日間にわたって、韓国・仁川で行なわれた世界車椅子バスケットボール選手権(男子)。予選グループを2勝4敗とし、決勝トーナメントに進出することができなかった日本は、9-10位決定戦でコロンビアを下し、9位という結果に終わった。しかし、決して世界に後れをとっているわけではない。ベスト8に残る実力もチャンスも十分にあった。では、なぜ勝ち上がることができなかったのか。今大会で日本に突き付けられた課題、そして得られた手応えとは――。

連敗で露呈したスタミナ不足

 2年後に迫ったリオデジャネイロパラリンピックの出場枠がかかった今大会、日本は初戦でオランダを62-51で破り、好スタートを切った。強豪ひしめく世界選手権やパラリンピックでは、初戦を取ることは決して容易なことではない。2005年から代表入りしているC藤本怜央は、こう語る。
「世界大会で白星発進したのは、僕が代表入りして初めてのことだと思います。それだけ日本のレベルが上がっている証拠。フィジカル的に上回る海外勢に対して、ボールサイドと(逆側の)オフサイドのバランスやタイミングを駆使したり、相手のディフェンスラインを崩した状態をつくったうえで攻撃をしかけるなど、日本の組織力が十分に通用していることを示すことができたと思います」

 しかし、日本は翌日のスペイン戦での敗戦を皮切りに、同じアジア勢のイラン、韓国戦をも落とし、3連敗。結局、2勝4敗でグループ5位となり、4位にまで与えられる決勝トーナメント進出には、あと一歩のところで届かなかった。エースでキャプテンでもある藤本はこう語る。
「オランダ戦で行なったバスケを、2試合、3試合と続けることができませんでした。1試合の中においても、前半のいいかたちを、最後まで維持することができなかった。逆に相手は後半にしかけてきた。そうすると、相手にアジャストするのに精いっぱいの状態だったんです」

 だが、決して完敗だったわけではない。スペイン、イラン、韓国には内容的には、実力差はほとんどなかった。特にイラン、韓国戦においては、十分に勝つことのできた試合だった。イラン戦は、第3クオーターまで56-47とリードしながら、第4クオーターで26点という大量失点を喫し、逆転負け。さらに韓国戦では31-25で前半を折り返したものの、第3クオーターで24失点。結果的に58-60と1ゴール差での敗戦となった。では、なぜリードを守ることができなかったのか。実は、この敗北にこそ、日本が今後、強化していかなければいけないヒントが隠されていたのである。