upperline

「今こそ、新事業をはじめる最善のときだ」

ライク・ア・ヴァージン』税抜価格:1800円 ⇒Amazonはこちら

【質問】 私は今、16歳です。フィリピンで起業家的経営の勉強をしています。ファッションビジネスを目指しているのですが、ブランソンさんは、私と友人がいまの年齢でも起業することを勧めますか?クラスメイトと比べると、できのいい学生とは言えませんが、力を試してみたいし、そう簡単にはあきらめないつもりです。ビジネススクールですべてが学べるわけでありません。事業で学びながらおもしろさを見つけ、それを楽しみたいのです。

ブランソンさんの著書『ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学』を買ったのでメールしました。今、58ページ目です。

 

* * *

――ブランソン: 58ページまで読んでいただいてありがとう。もちろん最後まで読み切ってくれた事かと思います。

今こそ、新事業をはじめる最善のときだ、と思います。私が最初の事業である雑誌「スチューデント」を発刊したのも、あなたと同じ16歳のころでした。その年頃には、自分の頭で考えられるくらい十分な大人であり、かつ、リスクある前途にひるまない若者でもありました。

ケイト・モス(1998年 NY/カルバン・クラインのファッションショーにて)---〔PHOTO〕gettyimages

あなたは、自分が夢中になれる対象を見つけたようですね。それであれば、すでに起業家への一歩を踏み出したようなものです。

実は、ファッション産業に対してインパクトを与える事業を興すことは難しいのです。このことを私は実際の現場で学びました。かつて私は、ヴァージンブライズやヴァージンクローシング、ヴァージンウェアといったベンチャーを興しましたが、これらはことごとく失敗に終わりました。

ただ、ストーム・モデル・マネジメントというモデル会社の新事業をヴァージンの支援で起ち上げ、幸いにも多少の成功をおさめることができました。ストームの創設者であるサラ・ドゥーカスが会社創業後、最初に契約したモデルのひとりがケイト・モスで、その後の活躍はいまさら言うまでもありませんね。

アイデアをひとつに絞ったあとは「マムテスト」

研究をはじめるにあたり、まずはアイデアをすべて書きだしてください。本格的なものであろうが取るに足らないものあろうが、すべてです。月ロケットの発射というアイデアであろうが、すぐにあれこれと批評してはいけません。

すべて書きだしたら、そのリストを眺めてみましょう。イノベーションの機が熟した分野に関連した項目があるかどうか? その分野に市場の隙間があるかどうか?――顧客はつねによりよい商品を求めています。ですから、実際に役に立ちそうで、しかもライバルがいま提供しているものよりも断然優れたアイデアがあるならば、それを綿密に検討してください。・・・・・・この続きは『現代ビジネスブレイブ リーダーシップマガジン』vol084(2014年7月15日配信)に収録しています。

リチャード・ブランソン/Sir Richard Charles Nicholas Branson---ヴァージングループ創設者 / 1950年イギリス生まれ。70年にレコード通信販売会社「ヴァージン」、84年「ヴァージン アトランティック航空」を設立。00年英国エリザベス女王から「ナイト」の称号を授与。熱気球での世界初の大西洋・太平洋横断、世界一周気球旅行など冒険家としても知られる。
Copyright(2014)The New York Times. All rights reserved by New York Times Syndication Sales Corp.This material may not be published, broadcast or redistributed in any manner.
 
この記事は、現代ビジネスが発行するメルマガ、『現代ビジネスブレイブ』の「コンプリートマガジン」および「リーダーシップマガジン」でお読みになれます。
 
※このメルマガはお申込み月は無料でお読みになれます。
※『現代ビジネスブレイブ』を初めてご購読される場合の販売期間は配信月を含め2か月間となります。
 
 
 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事