[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「前後期制覇へ無駄な四球減を」

投手陣の頑張りが前期の勝因

 前期優勝は率直に言って想定以上の結果でした。開幕前の時点では、昨年からメンバーが入れ替わって先発ローテーションが固まらず、投手力に不安を抱えていたからです。しかし、フタを開けると先発に転向した入野貴大が9勝(2敗)、新外国人のクルズ・アヤラが6勝(1敗)をあげ、先発の2本柱ができました。

 先発が試合をつくれば、コントロールのいい新人の山本雅士と、球威のある河本ロバートにつなぎ、抑えの富永一が締めくくる。勝ちパターンの継投が生まれ、チーム防御率はリーグで断トツトップ(7月15日現在2.96)。「野球はピッチャー」とよく言われますが、まさに彼らの頑張りが大きな勝因です。

 そして、打線ではトップバッターの吉村旬平、3番の大谷真徳がともに打率3割台とコンスタントにヒットを放ち、核になってくれました。チーム盗塁数もリーグトップと、足を絡めて相手に嫌がられる打線ができているのではないかと感じています。

 もちろん、前期優勝はあくまでも我々にとって通過点。最終的な目標はアイランドリーグを2年連続で制し、BCリーグのチャンピオンを倒して独立リーグ日本一に立つことです。そのためには、さらなるレベルアップが欠かせません。

 投手陣の課題は無駄な四死球を減らすこと。防御率がトップにもかかわらず、与えた四死球数は2位の香川を上回りました。四球が多いとリズムが悪くなり、大量失点の原因にもなります。リーグチャンピオンシップ、グランドチャンピオンシップは短期決戦ですから、ひとつの四球が命取りになりかねません。

「打たれてピッチングを覚えろ」

 僕は常にピッチャーにはそう言い続けています。でも、いざマウンドに上がると、どうしても「打たれたくない」と思うのがピッチャーの性です。僕もピッチャーでしたから、その気持ちはよくわかります。ただ、どんなピッチャーでも常に調子良く抑えるのは不可能。マウンドで、あれこれ考えて自滅するくらいなら思い切ってバッターと勝負してほしいと感じています。結果、打たれたら「起用した監督のせい」と思ってくれても構いません。そのくらいの割り切りがなければ、四球癖は解消しないでしょう。