学校・教育
大阪桐蔭高経営する大産大の新理事長に元検事総長就任
補助金もカットされた大学経営の行方は?

学校法人・大阪産業大学のHP

傘下に甲子園常連校の大阪桐蔭高校を抱える関西の中堅私学、学校法人・大阪産業大学は、ガバナンスの強化と改善のために、元検事総長で顧問弁護士の土肥孝治氏を7月4日付で新理事長に選出した。前任者である土橋邦芳氏(元クボタ社長・会長)は退任した。トップ交代の背景には5年以上も続く同大学の内紛がある。

大阪府警「天下り」事務局長めぐる内紛劇

すでに本コラムで筆者は、2010年9月10日11年9月8日12年7月12日の3回、大阪産業大の内紛やそれに伴うトラブルについて記事を書いている。その内容は、資産運用を失敗して約12億円という多額の損失を出したことが発覚した2009年頃から、教育そっちのけで権力闘争が行われ、守旧派が権謀術数を使って改革派を追い出すような話であった。

挙句には、学生から入学前に約束した通りの講義を実施するように訴訟を起こされたりもしている。さらに、権力闘争の余波を受ける形で、この1年間に研究・教育現場のトップである学長が2人も任期途中で辞職している。

直近の内紛で深刻だったのは、法人トップの土橋氏と№2である重里政司・常務理事事務局長の激しい対立だった。法人運営の実務は事務局長が取り仕切っていたが、「増長した重里氏が独断で後輩の警察OBを職員に採用し始め、『俺が理事長代行だ』と言って土橋氏をないがしろにするようになったため、関係が悪化した」(法人関係者)。職員の前で激しく口論することもあったという。

重里氏は大阪府警で警察学校長などを務めた元警視正。定年後に天下ってきた。大阪産業大の元幹部は「横暴極まりなく、教育の場である学園を恐怖政治に陥れた張本人」と指摘する。

そして土橋氏と決定的な対立を生んだのは、2009年に発覚した資産運用失敗の責任者の一人だった経営学部教授(運用当時常務理事、その後教授職に専任)の責任を問い、重里氏が理事長の決済印を勝手に押して5年後にもなった今年3月に突如懲戒免職にしたことだ。元常務理事は、今頃になっての解雇は「突然で不当だ」として大阪地裁に提訴、今年6月に第一回の口頭弁論が開かれている。

5年後の今になって解任することについて、前出の法人関係者は「元常務理事は労組の委員長経験者であり、今でも学内に影響力は残っている。重里氏が完全に学校を支配するために、反対派や不満分子の追い出しを図っていたが、その流れの一環ではないか」と見る。

さすがにこれはやり過ぎと判断した土橋氏も堪忍袋の緒が切れて、重里氏を425日付で解任、閑職に追いやった(大阪産業大学総合企画室学園広報課は「重里氏は人事異動により法人本部事務局サテライト事務局サテライト長に異動した」と説明)。

本来、土橋氏は今年5月末に退任する予定だったが、事務局長の解任や、後述する学長の辞任といった学内の混乱が影響して任期を約1ヵ月延ばす異例の事態となった。ただ、元理事は「土橋氏が学校運営のすべてを重里氏に丸投げしていたことも重里氏が増長した要因であり、土橋氏にも混乱の責任がある」と指摘する。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら