もっとも議員立法を行った「政策通」議員は誰か?
――2013年の全議員立法リストを公開する

2013年の議員立法の提案数は126件。衆議院では1/3は与党提案

NPO法人「万年野党」では、『国会議員三ツ星データブック』として、国会ごとに、国会議員の質問回数、議員立法提案数、質問趣意書提出数といった国会議員の国会活動の量的評価を行ってきた。

小中学校の社会の授業でも「三権分立」を習い、その中でも国会の役割は「立法府」であるとされていた。法律を決定する事が国会の役割である事はもちろんだが、同時に政府提案だけでなく、議員立法による法案提案もまた、国会議員の大きな役割だと言える。

これまでも、国会議員の質問回数や質問の「質」についてのランキング等に焦点を当ててコラムを書いてきたが、今回は、この議員立法に目を向けてもらうため、焦点を当てて書いていきたいと思う。

国会における議員立法の際には、代表者のほか提出者に複数の議員が名前を連ねて提案する事が多い。必ずしも中心的に法案をまとめた議員が代表者という訳ではなく、また提出者に名前を連ねている議員全員が法案作成に加わっている訳でもないが、一方で、どの法案をどの議員が中心的にまとめたかを客観的に判断する事は難しいため、この提出者に名を連ねている議員の集計で今回はお話しする。

議員にとって最も重要な役割の一つが、「立法」であり、その「法案作成」の中心的な役割を担う議員は、まさに「政策通議員」の代表格であるとも言える。

今回のランキングは、そんな「政策通議員」の活躍を知る機会とも考えてもらえればとも思う。

図表:議員立法提案数の政党別比率(2013年)

2013年1年間で行われた議員立法の提案数は、衆議院が78件、参議院が48件、提出者に名を連ねた議員は、延べ、衆議院が395人、参議院が235人となった。

政党別に見ると、衆議院は、意外にも議員立法は、1/3程度を与党である自公で占めている。最も多かったのは民主の30.4%だったが、次いで維新の23.5%とほぼ同じ23.3%で自民が並んだ。

一方で、こちらも意外だったのは、共産は議員割合の半分以下の0.8%しか占めていない事だ。議員立法での対案の提示は、野党の専売特許の様なイメージすらあるが、少なくとも衆議院においては、必ずしもそうでない事が分かる。

こうした印象を正しく認識して行くためにも、データで見ていく事は重要だという事も分かる。

ちなみに4位は公明の7.8%、以下、みんなの5.3%、生活の3.3%、結いと社民の2.8%と続く。

一転、参議院は、与党は自公合わせても、わずか6.4%しか提案されていない。逆にその他は野党が占めている訳だが、とくに民主が41.3%と、その多くを占めている。次いで、議員数でわずか1.2%しかいない社民が11.1%をも占めているのも特徴的だ。以降は、みんなの9.8%、生活の9.4%、維新6.0%、自民とみ風が4.3%、改革3.8%、結い3.4%、共産3.0%、公明2.1%と並んでいる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら