[裏方NAVI]
中西靖(コンディショニングトレーナー)<前編>「“キング・オブ・アスリート”の目覚め」

 今春、日本陸上界において、前人未到の大記録を2度もうちたてた男がいる。十種競技の右代啓祐だ。4月に和歌山で開催された日本選抜陸上和歌山大会では、自身が持つ日本記録を70点更新する8143点をマーク。さらに右代は、6月に長野で行なわれた日本選手権混成で8308点を叩き出した。彼が日本新を出したのは実に3年ぶりのことだ。それも短期間に立て続けの記録更新である。周囲が驚いたのも無理はない。27歳の今、なぜ右代は進化し始めたのか――。きっかけは、2010年から右代の専属トレーナーを務める中西靖にあった。

「世界との差は、埋められないほど大きいとは思わなかった。いつかはメダルも不可能ではない」
 初めて出場した世界選手権(韓国・大邱)後、右代はこう語っている。しかし、この時の結果は20位。翌年のロンドン五輪でも20位と、周囲から見れば、世界との距離ははるかに遠いと考えるのが普通だろう。だが、実は大邱、ロンドンと帯同した中西もまた、右代同様に世界との差をそれほど感じてはいなかったという。

「右代は身長196センチ、体重95キロと、外国人選手にも決してひけをとらない体格をしています。トップ選手の中には右代よりも小さな選手だっているんです。フォームを見ても、外国人選手の方がきれいかというと決してそうではない。パワーもスタミナも、十分に世界と渡り合えるだけのものはあるはずなのに、なぜか記録では差が開いてしまう。国際大会に行くたびに、2人でいつも『なぜなんだろう、何が違うんだろう』と不思議に思っていたんです」
 その答えが見つからないまま、ロンドン五輪から1年が過ぎた。その間、右代は伸び悩んでいた。