縄文時代の東日本は世界最高の大混雑地帯だった!
~過去の気候と環境がまるわかり~
縄文時代中期、東日本の人口が100km2あたり300人に増加 ※人口推定は小山修三(1984)による
東京大学大気海洋研究所教授
川幡穂高先生

1955年生まれ。東京大学理学部化学科卒業。東京大学大学院博士課程、地質学専攻を修了し、理学博士号を取得。さまざまな組織を経て、2005年から東京大学大気海洋研究所教授。古環境、古気候などの専門家

日本最大級の縄文集落跡・三内丸山遺跡、衰退の理由とは?

松尾貴史(以下、松尾) 川幡穂高先生は古環境や古気候がご専門ということですが、大まかにいうと、かつての地球環境を研究しているということでしょうか?

川幡穂高(以下、川幡) そうです。私どもは、地球の歴史を研究しています。なかでも、調べているのは昔の環境や気候。具体的には、海底の堆積物を化学的に分析して、昔、その地域がどのような環境、気候であったかを調査しています。

松尾 そうですか。そんな川幡先生は、青森県にある三内丸山遺跡の歴史を解明されたとうかがいました。まずは、岡村さんにこの遺跡について簡単に説明してもらいましょう。

岡村仁美アナウンサー(以下、岡村) はい。青森県青森市にある三内丸山遺跡は、今からおよそ5900~4200年前の縄文時代に築かれた大きな集落跡で、それまでの縄文時代に対する見方を一変させました。現在も、当時の食生活や技術、村の様子などの解明が進められています。

松尾 なるほど。そもそも、先生はなぜ、この三内丸山遺跡を調査なさったのですか?

川幡 その話をするためにも、まずは縄文時代の人口についてお話しさせてください。縄文時代初期、日本の人口は2万人程度でした。それが、今からおよそ5000年前、三内丸山遺跡ができた頃には一気に増えて、最大で約26万人にもなっていたと考えられています。これらは、全国の遺跡の数や集落跡の様子から推定した数字です。

松尾岡村 へえ~。

もっと!科学の宝箱 もっと!人に話したくなる25の「すごい」豆知識
著者:TBSラジオ編
講談社刊/定価1,296円(税込み)

◎最新科学の"真実"が一冊の書籍に!

毎週さまざまなジャンルの研究者、専門家をゲストに招き、科学についてトークを繰り広げているラジオ番組「東京エレクトロンPresents 夢☆夢Engine!」。これまでに登場したゲストの方々が話してくださった25のサイエンストークを収録した「もっと!科学の宝箱」が7月15日に発売となりました。統計学者の鳥越規央先生や、モグラ研究の第一人者である川田伸一郎先生など、第一線で活躍する科学者の先生による貴重なお話をご紹介します。