カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話
【第1回】自分の人生を変えるのは、自分しかいない!


漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行 講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)


無能感を抱かせる社会

「未来は、ぼくらの手の中」---。

マンガ『カイジ』の第一巻、第一話で、カイジは部屋でギャンブルをしています。その部屋にあったのが、この張り紙です。

カイジの部屋でこの張り紙を見たら、誰もが虚しさを覚えるでしょう。カイジだけではありません。みなさんの部屋にこの張り紙が貼ってあるところを想像してみてください。何とも言えない違和感に襲われるのではないでしょうか?

「未来はぼくらの手の中」と人は言います。でも、実際にそう思える人は数少ないのが、この現実です。

ぼくらは、自由主義の世の中に生きています。これからますます実力主義の傾向が強くなり、ぼくらは何でもできる、どこにでも行ける、夢は叶うと言われるでしょう。「がんばれば、どんなことでもできる」「あなた次第です!」と言われます。

しかしそう言われれば言われるほど、苦しくなります。ほとんどの人が「未来」を手にしている感覚など持っていません。逆に「自分だけ前進していない」「自分だけ置いていかれている」「自分の人生はまったく先が見えない」、そう感じているのではないでしょうか?

自分の無力感・無能感を強く感じているのが、現代の日本人だと思います。

いま、この無力感・無能感が日本中に急速に広がっている気がします。それは、日本人の能力が急速に落ちたからなのでしょうか? そうではないと、ぼくは思います。

ぼくらは無力・無能ではありません。ぼくらが無力感・無能感を抱いてしまうのは、外部からのイメージ付けのせいです。そう思わせる環境があるのです。

「がんばれば、夢は叶う」というフレーズは、とても残酷です。無邪気に人を傷つけています。このフレーズは、このフレーズを真剣に捉えれば捉えるほど、がんばれば何でもできる時代で、何もできない自分が浮き彫りになるからです。

「がんばれば、夢は何でも叶う」というフレーズがあたかも常識のように語られ、常識のように思われると、それと同時に「叶っていないのは当人の責任」と感じるようになります。つまり、「当人が無力だから、無能だから」という結論になってしまいます。

「がんばれば夢は叶うのに、自分は叶っていない。それは自分が悪いんだ」と思うようになってしまうのです。

たしかに、「自分の夢なんて絶対にかなわない」と下を向いて生きるより、「いつか叶う!」と信じて、上を向いて生きる人生の方が数段好ましいです。ただし、それが好ましいのは「希望を持って生きられる」ことが前提です。

いつか叶うはずの夢が一向に叶わず、叶う気配もありません。その間にも、非常に現実的な課題が自分の目の前に突きつけられます。

「このままだとお金がなくなるよ?」
「おまえ、仕事どうするんだ?」
「あっという間にいい歳になるぞ?」

カイジが"ゴミって感じ"の生活を送っていた時も、同じような気分だったかもしれません。何か成し遂げたいし、昔に比べて個人の力で何かを成し遂げられる幅が拡がったように思える。テレビをつけると、自分の目標を成し遂げている人がたくさん映っている。

でも、自分はまだ何者でもない。何かしなければいけないことは分かっているけど、何をしたらいいかわからない。とりあえず何か行動しようと思っても、「しっかり考えたのか?」「勝算はあるのか?」と問い詰められてしまい、結局、何も始められない。

それでも自分を奮い立たせて、行動に移す。そうすると、周りから"意識高い系"とからかわれたり、「付き合いが悪くなった」と陰口をたたかれたりする。「あんたにできるわけがない」「失敗したら人生終わりだよ?」というようなことも言われるかもしれません。ほとんど脅迫です。世間の言葉で希望を奪われ、動くのをやめてしまう人がたくさんいます。

こんな環境にいたら、行動するのはかなり難しくなり、何かを成し遂げることもできなくなってしまうでしょう。しかし、世間は相変わらずこう言います。

「がんばれば、夢は叶う」

できていないのはすべて自分の責任という意味になってしまいます。そして、できない自分は能力がない、努力ができないダメ人間と感じてしまうのです。

今の日本は、社会に出る前と出た後で、ほぼ真逆のことを言われます。

学校にいる間は、競争が排除され、"みんな一緒"が善しとされます。飛び抜けて得意なことがあっても、それを伸ばすことはできず、周りに合わせるように指導されます。

最近は、小さいころから明確な勝敗や区別がつけないように、教育が"配慮"されています。一部の幼稚園では、絵柄のプリントが入った靴下が禁止になっています。理由は、「絵柄が入った靴下を買いたくても買えない家があるから」だそうです。

小学校の運動会では、徒競走を「手をつないで」走らせる学校があるようです。手をつなげば全員が1位で、全員がビリです。差をつけないという意図のようです。

中学校、高校でも、同質化を要求されます。制服を着て、同じ行動をするように促されます。差がつかないように、みんなと同じでいるように、そしてテストでは自分の考えではなく学校が用意した"答え"に従うように義務付けられています。

みんな一緒であれば安心、という心理がここで植えつけられたように思います。

しかし、社会に出たら即座に競争にさらされます。社会に出る一歩前の"就活"の時期からかもしれません。現実社会では、勝敗が明確につきます。また、力がある者が勝ち続け、力がない者は負け続けてしまいます。

人と同じであることは評価されず、いかに人と違うアイディアを出せるか、人と違う能力を発揮できるかを問われます。20歳前後まで、競争と差別化を避けてきた人間が、突然「どうすればライバルに勝てる?」「差別化ポイントは?」と聞かれるのです。

ここで「市場のニーズ」に応えられない人は、自分のことを無能と感じるようになってしまうのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら