カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話
【第1回】自分の人生を変えるのは、自分しかいない!


漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行 講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)


無能感を抱かせる社会

「未来は、ぼくらの手の中」---。

マンガ『カイジ』の第一巻、第一話で、カイジは部屋でギャンブルをしています。その部屋にあったのが、この張り紙です。

カイジの部屋でこの張り紙を見たら、誰もが虚しさを覚えるでしょう。カイジだけではありません。みなさんの部屋にこの張り紙が貼ってあるところを想像してみてください。何とも言えない違和感に襲われるのではないでしょうか?

「未来はぼくらの手の中」と人は言います。でも、実際にそう思える人は数少ないのが、この現実です。

ぼくらは、自由主義の世の中に生きています。これからますます実力主義の傾向が強くなり、ぼくらは何でもできる、どこにでも行ける、夢は叶うと言われるでしょう。「がんばれば、どんなことでもできる」「あなた次第です!」と言われます。

しかしそう言われれば言われるほど、苦しくなります。ほとんどの人が「未来」を手にしている感覚など持っていません。逆に「自分だけ前進していない」「自分だけ置いていかれている」「自分の人生はまったく先が見えない」、そう感じているのではないでしょうか?

自分の無力感・無能感を強く感じているのが、現代の日本人だと思います。

いま、この無力感・無能感が日本中に急速に広がっている気がします。それは、日本人の能力が急速に落ちたからなのでしょうか? そうではないと、ぼくは思います。

ぼくらは無力・無能ではありません。ぼくらが無力感・無能感を抱いてしまうのは、外部からのイメージ付けのせいです。そう思わせる環境があるのです。

「がんばれば、夢は叶う」というフレーズは、とても残酷です。無邪気に人を傷つけています。このフレーズは、このフレーズを真剣に捉えれば捉えるほど、がんばれば何でもできる時代で、何もできない自分が浮き彫りになるからです。