WARRIORS、崖っぷちからの逆転劇 ~第2回全日本車いすソフトボール選手権大会~
札幌ドームの駐車場で第2回大会が開催された

 波乱の幕開けだった――。昨年、産声をあげた全日本車いすソフトボール選手権大会。5日、その第2回大会が札幌ドーム駐車場で開催された。昨年、初代チャンピオンに輝いたNORTH LAND WARRIORS、そして準優勝のTOKYO LEGEND FELLOWSに加え、今年は昨年チームとして出場することができなかったSilver Wings Kitakyushu、さらには陸上や車椅子バスケットボール、車いすテニスなどのアスリートたちによる北海道前向きベンガルズも参加し、計6チーム(WARRIORSとFELLOWSはA、Bの2チーム出場)での戦いが繰り広げられた。優勝候補筆頭は、WARRIORS(Aチーム)。キャプテンを務める飛島大輔も大会前、「1年間、練習してきましたからね。優勝しますよ」と自信をのぞかせていた。ところが、だ。WARRIORSはいきなり初戦を落とし、敗者復活戦へとまわることになった。果たしてチャンピオンの座を獲得するのは――。

「意味のない負けではないですよ」。初戦敗退も、WARRIORSの大西昌美監督に焦りは感じられなかった。
「やっぱり大会となると、選手は緊張するんですね。練習ではできていた連係ができていなくて、アウトにできる打球をヒットにしてしまいました。もちろん、それだけ相手が強かったということもありますが、少し動きがかたかったかな。そうしたことも、スポーツの一面でもありますからね。でも、これで終わったわけではありません。敗者復活から這い上がって、決勝でもう一度、北九州とやりたいと思っています」

 それはキャプテンの飛島も同じ気持ちだった。若手の多いチームに、飛島は「負けたからといって、悲観になることはない。まだ終わったわけではないのだから」と言って鼓舞した。
「普段からやっているプレーをすれば、十分に勝てる相手。だから次は若手には伸び伸びとやってもらいたい」

 だが、決勝への道のりは決して容易ではなかった。敗者復活戦、準々決勝、準決勝が立て続けに行われる日程となっていたのだ。果たして、スタミナ、集中力はもつのか――。しかし、それは杞憂に終わった。敗者復活戦ではFELLOWSのBチームを12-0、そして準々決勝では同じWARRIORSのBチームを23-5、準決勝は昨年の決勝の相手FELLOWSのAチームを12-4と、まったく寄せ付けることなく圧勝してみせたのである。