賢者の知恵
2014年07月14日(月) 週刊現代

7月1日から販売開始 夫婦でのんびり、一人でゆったり「青春18きっぷ」で新名所に行こう

「富岡製糸場」「天空の城」「村上海賊の島」など、いちばんお得な路線MAP付き

週刊現代
upperline

1日当たり2370円でJRの列車が乗り放題。一人でも良し、夫婦でも良し、グループでも良し。どこまででも行ける超おトクな青春18きっぷで、この夏話題の「新名所」を巡る旅に出よう。

ローカル列車の醍醐味

たまにはローカル線にでも乗って、のんびりと鉄道の旅に出てみたい—。そう思っているあなたにぴったりのサービスがある。今年も7月1日から発売される、「青春18きっぷ」だ。1日当たり2370円ポッキリで、JRの普通・快速列車が乗り放題になる、期間限定の特別企画乗車券である。

'13年度には全国で約67万枚を売り上げ、人気の高さがうかがえるが、このキップ、名称こそ「青春」だが年齢制限はなく、熟年層の間でいま利用者が急増しているのだ。

今夏、新幹線や特急列車では味わえない、ローカル列車ならではの旅の醍醐味を、18きっぷを使って満喫してはどうだろうか。本誌は今回、いずれ劣らぬ4人の鉄道マニアたちに知恵を絞ってもらい、「新名所を巡る夏の旅」を5コース、用意した。167ページの図も参照してもらいながら、旅の中身を見ていこう。

まずは大の鉄道好きで知られる俳優・気象予報士の石原良純氏が言う。

「東京から日帰りで鉄道旅行の楽しさを味わいたいなら、僕は八高線(八王子~高崎)の旅を勧めます。八高線は軽油で動くディーゼル車だから、走る場所によって車輌の揺れ具合が違うんですよ。上り坂ではいかにも苦しそうに登っていくし、下り坂ではヒューと滑るように走る。それを体感できる楽しさは僕みたいな鉄道好きには格別ですね。

車窓からののどかな風景も駅弁と缶ビールを楽しむには最適だし、梅の生産地である越生駅で梅を使った飴をお土産に買ったりして、たった1日でローカル線ならではの旅情をたっぷり楽しめます。

今なら、高崎から上信電鉄で、世界文化遺産に登録されたばかりの富岡製糸場に足を運んでみるのもいいかもしれない。近代絹産業の名残である赤レンガ造りの建物を見ていると、郷愁に浸れます」

続いては熱狂的な「乗り鉄」女優として知られる村井美樹さん。彼女は南東北への1泊2日の鉄道旅を推奨してくれた。

「仙台へ到着したら、まずは牛タンで英気を養いましょう(笑)。そのあとは、一ノ関から大船渡線に乗り換えて気仙沼まで足を延ばしてほしいと思います。東日本大震災後、大船渡線の一部はいまだ運休が続いていますが、盛駅までは代替バスが運行しています。盛駅からは復旧した三陸鉄道の南リアス線に乗れますよ。

次ページ その後は小牛田に戻って鳴子温泉…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ