[BCリーグ]
新潟・内藤尚行監督「最強を目指して」

 5日から後期がスタートしました。前期はあと一歩のところで優勝することができませんでしたので、その悔しさを晴らしたいと思っています。最大のポイントは、やはり群馬ダイヤモンドペガサス戦でしょう。前期は、優勝した群馬に3勝7敗1分けと大きく負け越してしまいました。いかに群馬戦で白星を増やすことができるかがカギを握ってくるはずです。

 前期で一番印象に残っているのは、5月30日の群馬戦です。新潟は1、2回にそれぞれ3点ずつを挙げ、序盤で6-0と大量リードを奪っていました。ところが中盤以降、群馬がじりじりと追い上げ、7回には一挙6得点。結局、この試合、6-9で新潟は逆転負けを喫したのです。今年の群馬の恐ろしさを感じた試合でもありました。とはいえ、負け続けるわけにはいきません。

 群馬打線の柱は、打率、打点、本塁打と現在3冠のカラバイヨです。新潟もカラバイヨにやられる試合は少なくありません。彼をどう抑えていくかが、群馬戦の最大の課題と言ってもいいでしょう。確かに、カラバイヨはBCリーグにおいて強打者です。しかし、選手たちが本気でNPBに行きたいと思うのであれば、カラバイヨを抑えないといけません。

 真っ向から力で抑えるのは難しい。しかし、選手にはそれぞれスピードやコントロール、変化球のキレなど、何らかの武器があるはずです。その自分の持っているものを、全力でぶつけて欲しいのです。そのためには、やはり日頃のトレーニングが重要です。与えられたメニューだけをこなすのではなく、「もっと上を目指すんだ」という気持ちで、プラスアルファのトレーニングをしていってもらいたいと思っています。

 そんな中でも成長が感じられたのは、2年目、19歳の田村勇磨(日本文理高)です。昨年は1勝(1敗)だった田村ですが、今年は前期で4勝(1敗)を挙げました。防御率1.11はリーグトップ。こちらもリーグトップの7勝(3敗)を挙げている間曽晃平(横浜商業高-神奈川大)とともに、主戦として頑張ってくれています。マウンドでの立ち姿を見ても、非常に度胸があるピッチャーです。

 しかし、田村はあまり練習が好きではありません。それでもこれだけの成績を挙げているわけですから、もっと練習さえすれば、さらにいい成績を残すことができるはずです。後期はフル回転で起用するつもりなので、さらに成長していって欲しいと思います。