従来の常識を変えた、ファレル・ウィリアムス『ハッピー』の流通戦略
『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』---佐々木俊尚「メガチェンジの時代」より

コンテンツがプラットフォーム化した面白い状況

BETアワード2014で最優秀男性R&Bポップ・アーティスト賞と最優秀ビデオ賞を受賞したファレル・ウィリアムス---〔PHOTO〕gettyimages

ファレル・ウィリアムスのヒット曲『ハッピー』のミュージックビデオが世界中でたくさん作られ、話題になったのを覚えていらっしゃるだろうか。これは新しいコンテンツ生成の可能性を予感させる非常に面白い動きだった。

通常、楽曲を他人が無断で利用することは著作権侵害になる。ただしYouTubeでは、無断利用を発見した場合にどうするのかというのは、コンテンツホルダー側の意図に任されている。「音声をミュートする」「閲覧できないよう動画全体をブロックする」「動画に広告が表示されるようにして収益化する」「その動画の再生に関する統計情報を追跡する」という4つの選択肢が用意されており、コンテンツホルダーは自由に選ぶことができる。

『ハッピー』では事実上、楽曲の無断利用が自由に行われており、ファレル側がミュートやブロックの手段を採っていないことから、上の選択肢でいえば「動画に広告が表示されるようにして収益化する」「その動画の再生に関する統計情報を追跡する」のどちらかを選んでいるということになるのだろう。実際、ファレル本人も「もう僕だけの曲じゃない」と、動画の拡散を是認するようなことをインタビューで語っている。

この結果、『ハッピー』という単体の楽曲コンテンツを軸として、さまざまな動画コンテンツが世界中で流通するという面白い状況ができあがってきている。これはコンテンツがプラットフォームになっているという、非常に珍しい形態の情報の流れ方だ。

『ハッピー』は流出型の参加型メディア

これまでコンテンツは、情報流通のために作成されたプラットフォーム上で流通すると考えられていた。YouTubeもそうだし、アップルのiTunesやアマゾンのKindle、グーグルの検索エンジン、さらにはニコニコ動画などもそうである。

しかし『ハッピー』の動画コンテンツ流通は、YouTube上ではあるけれども、単純にYouTubeで流通するのではなく、YouTubeと楽曲『ハッピー』、そして二次生成された動画という3層構造で流通している。重要なのは、真ん中の層の楽曲『ハッピー』であって、それがYouTubeで流通するかどうかは実は重要ではない。・・・・・・この続きは『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』vol083(2014年7月4日配信)に収録しています。

この記事は、現代ビジネスが発行するメルマガ、『現代ビジネスブレイブ』の「コンプリートマガジン」および「イノベーションマガジン」でお読みいただけます。
 
※このメルマガはお申込み月は無料でお読みになれます。
※『現代ビジネスブレイブ』を初めてご購読される場合の販売期間は配信月を含め2か月間となります。