ヒラリー・クリントンが語る「わたしの本棚・わたしの愛読書」
ヒラリー・クリントン氏自身も回顧録『ハード・チョイス』を上梓した〔PHOTO〕gettyimages

最近の読書で素晴らしかったのは?

――今は、どんな本をお読みですか?

ヒラリー・クリントン(以下クリントン): ナイトテーブルの上に、読みかけの本や、近いうちに読みたい本が積んであって、たいてい、何冊か並行して読み進めています。今は、ドナ・タートの『The Goldfinch』、マヤ・アンジェロウの『Mom and Me and Mom』、ハーラン・コーベンの『Missing You』の3冊ね。

「エコノミスト」紙、「サンデー・タイムズ」紙、コスタ賞ブック・オブ・ザ・イヤー3冠。王立文学協会オンダーチェ賞を受賞した歴史ノンフィクション。

――最近読んだなかで、本当に素晴らしかった本は何ですか?

クリントン: エドマンド・ドゥ・ヴァールの『琥珀の眼の兎』、エリザベス・ギルバートの『The Signature of All Things』とリン・オルソンの『Citizens of London』、ヴィクラム・セトの『A Suitable Boy』が、ずっと頭から離れないわ。

――好きな現代の作家は誰ですか?その中に、新しい本が出ると必ず読むという著者はいますか?

クリントン: 新刊が出ると必ず読むのは、ローラ・ヒレンブランド、ウォルタ-・アイザックソン、バーバラ・キングソルヴァー、ジョン・ル・カレ、ジョン・グリシャム、ヒラリー・マンテル、トニ・モリソン、 アナ・クィンドレン、アリス・ウォーカーの作品ね。

特定の登場人物の体験を継続して追うシリーズものも好きで、アレックス・ベレンスン、リンダ・フェアスタイン、スー・グラフトン、ドナ・レオン、キャサリン・ホール・ペイジ、ルイーズ・ペニー、ダニエル・シルバ、アレグザンダー・マコール・スミス、チャールズ・トッド、ジャクリーン・ウィンスピアなどは最新シリーズが出れば読みます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら