[ボクシング]
近藤隆夫「“最強”ローマン・ゴンサレスを迎え討つ八重樫に“策”はあるか」

スポーツコミュニケーションズ

予想は「ゴンサレス勝利」も……

 単に王座を獲得し、その地位を守り続けることがボクシングの「美」ではない。強い男が目の前にいたならば損得など考えず、臆せずに挑むことこそが「美」である。目指すべきは「王座」ではなく、「最強」なのだ。

 ただ、この一戦、総合力を冷静に分析したならば、八重樫に勝機はないと思う。予想を問われたならば、「ゴンサレスの勝利」と答える。それでも勝負事はやってみなければわからない。

 もし、この一戦で八重樫が勝利し、王座を守ったならば、これまでバイプレーヤー的な存在に甘んじてきた彼の人生は大きく変わることだろう。八重樫陣営の“策”に期待したい。

近藤隆夫(こんどう・たかお)プロフィール>
1967年1月26日、三重県松阪市出身。上智大学文学部在学中から専門誌の記者となる。タイ・インド他アジア諸国を1年余り放浪した後に格闘技専門誌を はじめスポーツ誌の編集長を歴任。91年から2年間、米国で生活。帰国後にスポーツジャーナリストとして独立。格闘技をはじめ野球、バスケットボール、自 転車競技等々、幅広いフィールドで精力的に取材・執筆活動を展開する。テレビ、ラジオ等のスポーツ番組でもコメンテーターとして活躍中。著書には『グレイ シー一族の真実~すべては敬愛するエリオのために~』(文春文庫PLUS)『情熱のサイドスロー~小林繁物語~』(竹書房)『キミはもっと速く走れる!』 『ジャッキー・ロビンソン ~人種差別をのりこえたメジャーリーガー~』(ともに汐文社)。最新刊は『運動能力アップのコツ』(汐文社)。連絡先=SLAM JAM(03-3912-8857)