[MLB]
杉浦大介「田中、ダルビッシュは? 前半戦のMVP、サイ・ヤング賞」

田中、大活躍も総合力ではヘルナンデス

【サイ・ヤング賞】
ア・リーグ
フェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ/10勝2敗、防御率2.10)
次点
田中将大(ヤンキース/11勝3敗、同2.10)

キング・フェリックスは現時点での支配度で田中をも上回る。Photo By Kotaro Ohashi

 7月3日の登板前時点ではヘルナンデスと田中はどちらも防御率2.10で、勝ち星では田中が1つ上回っている。しかし、投球回、奪三振、WHIP、被打率などではすべて“キング・フェリックス”が上だけに、そちらの方に軍配を上げるべきだろう。特に被本塁打では田中が13本、ヘルナンデスが4本と差がついており、本拠地とするスタジアムのサイズを考慮しても、内容的にはマリナーズのエースがやや上である。

 それでも最初の15度の先発機会すべてでクオリティスタートを成し遂げた前半戦での田中の活躍の価値が変わるわけではない。新エースの安定感と勝負強さがなければ、先発ローテーションから故障者が続出したヤンキースは、さらに下位に沈んでいても不思議はなかった。

好調時には完璧なピッチングで魅せるダルビッシュも有力候補のひとりに違いない。Photo By Kotaro Ohashi

 1年目からダルビッシュ有(レンジャーズ/8勝2敗、防御率2.42)、マーク・バーリー(ブルージェイズ/10勝5敗、同2.50)、スコット・カズミアー(アスレチックス/9勝3敗、同2.61)といった実績ある投手たちを上回る投球を続けてきた適応能力は見事だ。後半戦で疲れが出なければ、田中の新人王、サイ・ヤング賞の同時受賞もあり得ない話ではない。

ナ・リーグ
アダム・ウェインライト(カージナルス/11勝4敗、防御率1.89)
次点
ジョニー・クエト(レッズ/8勝6敗、同1.99)

 ウェインライトの今季前半戦の防御率はメジャー1位、WHIP(0.90)、1試合当たりの平均投球回(7.3)は同2位、被長打率(.277)は同3位。7イニング以上を投げて無失点の試合が2013年以降13度(クレイトン・カーショウと並ぶ1位タイ)というMLBを代表する好投手は、このままいけば32歳で迎えた今シーズンに自己最高級の成績を残す可能性もある。

 ただ、奪三振ではクエトが大きく上回っており、クエトとウェインライトとの差は実はそれほど大きくない。そして、今季は故障離脱がゆえにやや出遅れたカーショウ(ドジャース/9勝2敗、同2.40)も6月29日まで28イニング連続無失点と絶好調で、今後、存在感を増していくに違いない。現時点で、今季のサイ・ヤング賞争いは三つ巴の様相。“投手の時代”と呼ばれる現代を象徴すべく、超ハイレベルな争いとなっていきそうだ。