現代新書
特別寄稿『ブラック精神科医に気をつけろ!』
第5回 若者の死

 「通院歴もないのに突然、精神科病院に拉致監禁」「自殺願望に悩む患者に首吊り自殺の方法を教える」「女性患者に性行為でイクかどうか、を問診して治療方針を決める」・・・・・・現実の話とは思えないブラック精神科医たちのエピソードが多数収録されている『精神医療ダークサイド』(講談社現代新書)。良質のノンフィクション作品を紹介する書評サイト「HONZ」で、成毛眞氏が「2013年 HONZ 今年の1冊」と絶賛するなど、発売直後から各方面で話題を集めている。
著者の佐藤光展氏は、読売新聞東京本社医療部で、精神医療の問題を粘り強く追い続けているジャーナリスト。先日も、抗精神病薬「ゼプリオン」の突然死問題をスクープして、大反響を呼んだ。
精神医療の深い闇を知る佐藤記者が、『精神医療ダークサイド』で紹介したユウキさん(仮名)のその後についてレポートする。

大学時代のユウキさん(仮名)。不適切な精神医療が彼の人生をめちゃくちゃにした

悲劇を繰り返してはならない!

ブラック精神科医たちの驚くべき生態を描いた問題作。第1章「誤診」でユウキさんの悲劇が取り上げられている。

 今回も残念な続報を記さなければならない。拙著「精神医療ダークサイド」(講談社現代新書)の第1章「誤診」で、ケースを詳しく紹介した30代の男性ユウキさん(仮名)が、2014年4月28日、民間病院の療養型病棟で亡くなった。

 彼は2012年1月、千葉県の精神科病院で看護師に頭部を足で踏まれ(病院側は『足で抑えた』と言うが、監視カメラの映像では強烈に踏んだり蹴ったりしているように見える)、首の骨折で半身不随(病院側は看護師の踏みつけと首の負傷との関連を否定している)になった。司法解剖で、死因は「呼吸不全」などとされた。

 ユウキさんが精神科病院で負った重傷と、死亡との因果関係はまだはっきりしない。だが、現時点で明確に言えることがある。

 ユウキさんが心を乱した大学時代、精神科でまともな対応が行われていれば、今も彼は間違いなく生きていた。それどころか、元来優秀な彼は社会人になっても力を発揮していたに違いない。これは、彼や家族だけの問題ではなく、社会的損失として重く受け止める必要がある。

 技術のない精神科医や心療内科医の治療を受けたがために、薬漬けになって人生を棒に振った人は数多い。そうしたケースがほとんどニュースにならないのは、被害者や家族が泣き寝入りを強いられているためだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら