自然栽培プランターで仮設住宅と社会をつなぐ、気仙沼出身の20代兄弟
プランター事業の説明会に参加した住民たちと、三陸野菜の畠山享・代表(写真後列右端)と畠山卓・事務局長(前列右端)

東北の太平洋岸にあたる三陸地方の仮設住宅にプランターが配布されている。住民たちは、そのプランターで、無肥料・無農薬で野菜を育て、収入を得る。食を通じて、社会とのつながりを生み出す仕組みをつくっているのは、気仙沼で育った20代の男兄弟だ。

畠山享さん(29・慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程4年)は2014年3月、弟の卓さん(26)と一般社団法人三陸野菜(宮城・気仙沼市)を設立した。カタールフレンド基金から支援を受け、気仙沼市や南三陸町、陸前高田市など三陸地方の仮設住宅に住む人々にプランターを無料で配布している。

近隣の学校で説明会を開き、これまでに500の仮設住宅に配布した。受け取った住民たちは野菜を栽培し、自家消費する分以外を三陸野菜が買い取り、加工・販売する仕組みだ。インターネットでのECサイトで販売する以外にも、地元スーパーや企業の社員食堂などにも販路を増やす。

スーパーとは現在交渉中だが、大手繊維メーカーの社員食堂に買い取ってもらえることがすでに決まっている。栽培しているのは、トマトだが、特徴的なのは、無肥料・無農薬での自然栽培に取り組んでいる点だ。

自然栽培とは、著書『奇跡のりんご』(幻冬舎文庫)で知られる木村秋則氏が提唱したものだ。弟の卓さんは、その栽培方法を習い、仮設住宅の住民に教えている。環境にも良いが、有機よりも腐りにくいので、保存期間が長持ちすることも利点の一つだ。

さらに、プランター自体にもこだわった。地元・南三陸杉の間伐材を使っている。この杉に、ドイツ製の自然塗料を塗り、杉の呼吸を妨げることなく保護している。プランターで栽培したトマトの収穫時期は夏以降で、そこから一般販売が始まる予定だ。

開墾中の耕作放棄地

畑仕事を通した地域活性化

三陸野菜が行う事業はプランターでの自然栽培だけではない。住民たちで田植えをできるように、耕作放棄地を開墾している。畠山兄弟の生まれ故郷である気仙沼市階上(はしかみ)地区にある畑の土壌づくりを行っている最中だ。

畑は、まだ被災物が残っており、津波の影響で塩害の被害も受けている。実際に耕せるのは来年からになるという。享さんが目指すのは、畑仕事を通じた地域活性化だ。「昔は、畑が子どもの公園であり、住民の集会場であった。耕すおじいちゃん、おばあちゃんの後を追っかける子どもの姿があり、畑で近所の人と交流していた」と話す。

三陸地方の就農者の平均年齢は66歳だ。10年前には、約400万人いたが現在はそのうちの3割が辞め、270万人ほどに減った。

今後、被災地では津波浸水地域や瓦礫仮置き場などに使用されている農地の復旧が進んでいく。だが、就農者の高齢化や後継者不足の理由で、これらの土地も耕作放棄地となる可能性が危惧されている。

後継者不足と耕作放棄地の問題に加えて、食の安全に対する懸念も配慮する。遺伝子組み換え食品や残留農薬基準値などの懸念により、食の安全に対する国民の意識が高まってきている。現在開墾中の耕作放棄地でも自然栽培を取り入れる考えだ。

住民たちへプランターの説明をする弟の卓さん
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら