[サッカー]
大野俊三「守りでも“日本らしさ”の追求を」

判断スピードに世界との差

 本当に残念。やはり、今回の日本代表の戦いぶりはこの一語に尽きます。アジアカップの優勝、W杯予選の突破……。ザックジャパンが4年間で積み上げたものが本番でほとんどできなかった。1分け2敗という結果よりも、そのことが改めて残念でなりません。

 大会前までは、今までにない日本代表のサッカーがW杯で見られるのではないかというワクワク感がありました。ワンタッチでボールをまわして相手を翻弄し、ゴールを決める。しかし、ブラジルのピッチで展開されたのは、それとは異なるサッカーでした。

 速いパスや縦への突破でゴールに迫るのではなく、単調なクロスやパワープレー。これはアルベルト・ザッケローニ監督の判断ミスと言わざるを得ないでしょう。W杯では初の指揮を執るプレッシャーが彼をどこか狂わせてしまったのかもしれません。 

 もちろん、実際にプレーをするのは選手ですから、自分たちの判断で今までやってきたサッカーをすれば良かったと感じます。でも、それもできなかった。彼らもまた「負けてはいけない」というヘンな呪縛にとらわれていたのかもしれませんね。

 今回のW杯を見ていると、やはり世界の“個の力”の高さを感じます。それは単なる身体能力やテクニックではなく、プレーに対する判断の速さです。当然、相手も研究してくる中、どう対処するのか。パスなのか、ドリブルなのか、といった選択を素早く的確にできるからこそ、大舞台でも活躍できるのでしょう。

 これは日本の選手たちとの大きな差でした。その意味では敗退後、選手たちが口にしていたように日本はまだまだ「力不足」であり、「未熟」だったのでしょう。