マーケティングの視点から考える「セクハラ野次」ネット署名と参院会館でのワークショップが盛況だった理由
第一部に登壇したパネリストたち(左から、津田大介さん、ハリス鈴木絵美さん、斎藤万里子さん、松本亜樹子さん、安藤哲也さん、新居日南恵さん、筆者)

6月26日(木)、参議院議員会館で都議会のセクハラ野次について考えるワークショップが開かれた。すでに報道されている通り、この問題は東京都議会で質問中の女性議員に対して、結婚や出産に関する野次が飛ばされたというもの。野次を飛ばした議員のひとりは既に名乗り出ている。

ワークショップを企画したのは、有志の集まりで、この野次について、ネット署名サイト「Change.org」の署名に賛同した人たちだ。署名を呼び掛けたのは都内に住む28歳の男性。「5000筆くらい集まればよいかな」と悲観的に考えていたというが、結果は良い意味で裏切られ、わずか4日間で9万筆以上集まった(署名の趣旨や集まり具合、呼びかけた男性からのメッセージはこちら)。

問題発言を行った議員に対しては、たくさんの批判が寄せられ、本人は既に謝罪会見をしている。しかし、発言者の特定と処分だけでは問題は解決しない、と多くの人が感じていた。

同じようにもやもやした気持ちを抱える人たちと一緒に、何が問題なのか議論したい・・・そんな気持ちから、筆者も友人・知人たちと共に、このワークショップの企画に携わることになった。ワークショップは、ノーカット版の動画はYoutubeでご覧いただける。