佐藤優のインテリジェンス・レポート---「イラク情勢と集団的自衛権問題」
佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol039 インテリジェンス・レポートより
〔PHOTO〕gettyimages
【はじめに】

イラク情勢が急速に悪化しています。この問題は、シリア、サウディアラビアの複雑な事情と絡み合った、外交上の超難問です。また、このタイミングで安倍政権が憲法解釈の変更による集団的自衛権行使の容認に踏み込もうとしていることが、どのような結果を招来するかについて、よくシミュレーションをする必要があります。端的に言うと、自衛隊がイラクで戦争に従事する可能性があります。(以下略)

事実関係

6月14日、記者会見の席上、イランのロウハニ大統領は、「米国がイラクでテロ勢力に立ち向かうなら、検討することができる」と述べた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら