[プロ野球]
佐野慈紀「未だビジョンが見えない阪神」

 今年10年目を迎えた交流戦は、巨人が2年ぶりに制しました。福岡ソフトバンク、オリックスとの優勝争いは、見応え十分でしたね。特に奇しくも最後に待っていたのが巨人とソフトバンクとの直接対決。1戦目はソフトバンクが制しましたが、2戦目は巨人が粘り勝ちで優勝しました。その巨人ですが、交流戦前はリーグ3位でしたが、広島、阪神を抜いて首位に浮上しました。一方、広島と阪神は苦しい戦いが強いられましたね。交流戦によって、明暗が分かれた3球団。果たして27日からのペナントレースはどうなるのでしょうか。

 まずは巨人ですが、開幕前は優勝候補の筆頭に挙げられていたにもかかわらず、交流戦に入るまでは投打がかみ合わない試合が少なくありませんでした。ですから、強いパ・リーグとの交流戦は果たして大丈夫かな、と思っていたというのが正直なところです。ところが、ふたを開けてみれば、16勝8敗。非常に落ち着いた戦い方をしたなという印象があります。

 エースの内海哲也を欠くなど、交流戦での巨人も決して本来の強さを見せつけられたわけではありませんでした。しかし、投手陣も打線も、全員で穴をカバーし合っていました。その代表例が、優勝を決めた22日のソフトバンク戦で先発した小山雄輝でしょう。交流戦で小山は3勝無敗、防御率1.33という好成績を残しました。

 0勝2敗、防御率3.86だった昨季の小山との一番の違いは、打ち取るパターンを構築することができたことにあったと思います。昨季の小山は、カウントを整えることに必死になっていました。例えば、得意のフォークを見逃され、焦ってストライクを取りにいったボールを痛打される。そんな姿がよく見受けられたのです。

 しかし、今季の小山は違います。カウントの中でフォークボールを有効に使うことができているのです。その理由は、低めへのコントロールの改善にあります。ボールが全体的に昨季と比べてボール1個分ほど低いのです。そのために甘いボールが減少し、さらにフォークボールとの見極めが難しくなっているのです。この小山の台頭は、内海不在の巨人にとっては、非常に大きかったはず。ペナントレースでの活躍も期待したいですね。

 さて、交流戦前、“鯉のぼりの季節”を越えて好調をキープしていたのが、広島でした。一時は巨人と4.5ゲーム差をつけるほどの勢いがありました。ところが、交流戦に入ってその勢いに、急ブレーキがかかってしまったのです。後半には9連敗と、まさに泥沼状態でした。いったい、どうしたというのでしょうか。

 交流戦に入ってからの広島の戦いを見ていて感じたのは、「なんだかよそゆきの試合をしているなぁ」ということです。セ・リーグのチームに対しての積極的な姿勢が、パ・リーグを相手にした途端に失われ、受け身に感じられました。そのために先行することができず、後手後手に回る試合が多かったのです。それが9連敗という結果を招いたのだと思います。

 しかし、最後には今季初の5連勝で交流戦を締めくくりました。ようやく自分たちの野球を思い出したのでしょう。エンジンがかかってきたところでのペナントレース再開ですから、巨人との首位争いが楽しみです。