[裏方NAVI]
竹村吉昭(JSSスイミングスクールコーチ)<後編>「シドニー五輪から8年後の気づき」

「負けん気の強さで言ったら、2人はそっくりですよ」。竹村吉昭が語る「2人」とは、2年後のリオデジャネイロ五輪で活躍が期待される渡部香生子、そして2000年シドニー五輪で銀メダルを獲得した中村真衣だ。小学6年から15年間、中村を指導した竹村。アトランタ、シドニーと2大会連続で五輪出場に導き、メダリストにまで育て上げたその功績は大きい。だが、竹村にはたったひとつだけ、後悔に近い思いがある。
「あの時、もし中村にたった一言、アドバイスをしていたら……」
 シドニー五輪の決勝を振り返るたびに、そんな思いがふと沸き起こってくるのだ。

 00年9月18日、シドニー国際水泳センター。その日、中村は女子背泳ぎ100メートル決勝に臨んだ。前日に行なわれた準決勝で、中村は1分1秒07と自己ベストに0.29秒迫る好タイムを出し、2位で決勝進出を決めていた。1位はディアナ・モカヌ(ルーマニア)。シドニー五輪以前は、ほとんど無名に近い16歳の選手だった。そのため、中村の金メダルはかたいと見られていた。

 決勝前夜、中村は極度の緊張感に見舞われ、ほとんど眠ることができないまま、朝を迎えた。レース前は食事ものどを通らない状態だった。それだけ金メダルへの期待が、中村の背中に重くのしかかっていた。一方、竹村は中村の金メダルを信じ、ほとんど不安を感じていなかった。予選、準決勝での泳ぎなら、いけると確信していた。

「モカヌはトップ通過とはいえ、2カ月ほど前のヨーロッパ選手権で(1分)2秒中盤のタイムで自己ベストを更新したばかりだったんです。その選手が、シドニーの準決勝では(1分)0秒70までいった。さすがに、2カ月前に2秒台だった選手が、もうこれ以上は更新できないだろうと思っていたんです。だから、中村の泳ぎさえすれば、勝てるとふんでいました」