数億円の資金調達 若手CEOが展開する就職サービスの次なる一手
ソーシャルリクルーティングは、2011年、春日社長が大学卒業を機に起業した

ソーシャルメディアを使った採用支援事業を行う株式会社ソーシャルリクルーティング(東京・渋谷)は6月11日、金額は非公開だが数億円規模の資金調達に成功した。メディア事業や海外進出を加速していくという。同社の春日博文社長(26)に今後の展望を聞いた。

――2013年、ソーシャルメディアを使った就職活動生の数が全体の3分の1にあたる20万人に達しました。「フェイスブックはプライベート情報が筒抜けになってしまうので、就職活動には向かない」との声もありましたが、利用者数は増え続けています。

春日: 就職活動にSNS(フェイスブック、ツイッター)を使う人は年々増えています。創業した2011年が5万人、2012年が15万人、そして2013年が20万人でした。

毎年増えている要因は、先輩からの口コミが大きいととらえています。創業してから3年間、プロモーション費用などはほぼかけていません。

――20万人が就職活動にSNSを利用していますが、このうち成功事例はどれくらいでしょうか。

春日: この20万人のなかには、大手就活サイトにも登録している人もいるので一概には言えません。ですが、去年、われわれのサービスで、企業説明会などに集客でき、実際に行動を起こさせた総数は、1万5000人から2万人ほどです。

――春日さんは就職活動の成功をどうとらえていますか。

春日: 自分の頭で考えて、行きたい企業を見つけ、そこに行くことができた場合だと思います。社会的な評価やブランドだけで企業を判断させてしまうような社会にはしたくないです。自分たちで調べて、行きたい企業を見つけやすくする環境にしていきたいです。