賢者の知恵
2014年06月30日(月) 安藤光展

「総合商社で働きながらNPOの理事をするのは、ロジカルなキャリアだと思っています」---パラレルキャリア実践者に聞く【前編】

upperline
日野雄介さん

商社マン兼NPO理事というキャリア

昨今注目されている働き方として、本業とは別の顔を持ち活動する「パラレルキャリア」を選ぶ人が増えています。

そこで今回は、パラレルキャリア実践者として注目をされつつある、大手総合商社に勤めながらNPO活動にも積極的に取り組む日野雄介さんにお話を伺いました。

日野さんは、1983年生まれの31歳。大学在学中にフィリピンで3週間×5回滞在し、主に植林活動に携わったことがソーシャルセクターに興味を持つきっけかけになったそうです。

大学卒業後は、世界でビジネスをしたいと思い総合商社に就職。金属資源関連部門に配属されました。レアメタルや二次電池材料の市場調査・新規マーケティング業務を経験し、現在は非鉄金属の貿易業務を担当。商社マンとしてフルタイムで仕事をしながら、NPO法人Class for Everyoneでも活動しており、パラレルキャリアを実践しています。

最近は、コンサルティング業界や広告・コミュニケーション業界などの他業種から、NPOやCSRという領域に参画する人のメディア露出が増えていますが、日野さんは現役の商社マンでNPOの理事もしているという希有な例です。

そんな珍しいキャリアを歩む日野さんに、仕事と社会貢献のパラレルキャリア(2足のわらじ的働き方)についてお聞きしてきました。(聞き手: CSRコンサルタント・安藤光展)

次ページ 安藤: 早速で恐縮ですが、「2…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事