[サッカー]
白戸太朗「ワールドカップ狂奏曲!?」

W杯壮行会のイベントには7000人以上も集まった Photo By SPORTS COMMUNICATIONS

「うーん、日本はボールをキープできていないな」。自宅に帰ると皆で論議をしていた。その中心はなんと80歳の義父。生粋の昭和初期生まれの彼は、スポーツといえば野球で、プロ野球は巨人ファン。たまにゴルフやボクシングを見ているが、サッカーなど見たことがない。そんな男が日本戦の振り返りVTRを見ながらサッカーを論じる。

 街中で見かける自転車で駆け抜けていく少年たちはサムライブルーのユニフォームだし、朝のワイドショーも中心はワールドカップ(W杯)。ゴルフのUSオープンが中継されていても、世の中では「松山」より「本田」である。日本人ってこんなにサッカー好きだっけ?

 世の中には「普段、Jリーグも見ていないのにけしからん」「こんな時だけ騒ぐな」というような批判も多いようだ。確かににわかサッカー評論家や、急にサッカーフリークが増殖するのはどうかと思うが、まぁスポーツの楽しみ方は人それぞれ。それはそれでいいのではないかなとも思う。むしろ、どんな形にせよ、サッカーや、スポーツに興味を持ってくれるならそれでいいし、スポーツの素晴らしさや残酷さに触れる機会となるならば、スポーツ関係者として歓迎すべきことである。

 なにより、個人主義が強くなり、同じ目標や夢を見ることができなくなっている日本の国民が、一時的、疑似的とはいえ、同じ夢や方向に向かっていけることは悪くない。現在、政治では造成できないこの一体感は、もはやオリンピックかW杯でしか生まれないのではないだろうか。そんな意味では、やはり東京オリンピック・パラリンピックは、これからの日本にとって重要なカギを握っているだろう。

 それにしても、わずか30年足らずで、W杯を、そして日本代表チームをここまで国民的行事に育て上げたサッカー協会とそのメディア戦略には恐れ入る。「代表を応援していないと非国民」というまでの勢いは、他のスポーツの日本代表にはないものだ。

 国内では、サッカーより人気スポーツであるはずの野球にしても、WBCではここまで盛り上がらない。もちろんサッカーが世界的なスポーツで、野球とは背景が異なるのは否めないが、この差は興味深い。ちなみに初戦のコートジボワール戦の視聴率は46.6%。国民の半分が見ていたことになる。どうりで公共施設や街中が空いていたはずだ。これほどまでのムードをつくりあげたサッカーから、他のスポーツは大いに学ぶ点があるだろう。