ブルーバックス
『基準値のからくり』
安全はこうして数字になった
村上道夫・永井孝志・小野恭子・岸本充生=著

メニューページはこちら

全国民必読!「守れば安全」「超えれば危険」は本当か?

 賞味期限、PM2.5、電車内の携帯電話の利用から放射線量まで、そんな決め方でいいの? 複雑怪奇な数値の根拠に4人の基準値オタクが斬り込む!

 基準値は本当に「安全」を約束してくれるのか? 賞味期限、放射線量、電車内での携帯電話……私たちはさまざまな基準値に囲まれて、越えた/超えないと一喜一憂して暮らしている。だが、それらの数字の根拠を探ってみると、じつに不思議な決まり方をしているものが多い。その「からくり」を知らなければ、基準値は無用の不安や油断を生む数字になってしまう。「基準値オタク」を自称する俊英研究者4人が追った基準値誕生に潜む10のミステリー!


少し長い「まえがき」

 世の中には「安全」にまつわるさまざまな基準値がある。食品の消費期限や、飲酒運転の呼気中アルコール濃度といった、ふだんの生活で気にかけることが多い基準値もあれば、火薬などの危険物からの距離のように、あまりなじみはないが、安全な暮らしには欠かせない基準値もある。最近では、どこそこの大気中のPM2・5の濃度は基準値の何倍だった、とか、食中毒を起こした食品に基準値の何万倍もの農薬が含まれていた、といったニュースを目にする機会も多くなった。また、東京電力福島第一原子力発電所(第一原発)の事故後に出された、食品中の放射性物質や、避難と除染などに関する被曝線量の基準値については「超えた/超えない」とか「高すぎる/低すぎる」といった議論がいまだに尽きない。

 しかし、それらの基準値がどのように定められたのかは、あまり知られていないのではないだ
ろうか。本書は、さまざまな安全に関する基準値の「根拠」を紹介するものである。

なぜ「お酒は20歳から」に決まったのか?

 基準値が定められたプロセスには、じつに意外なもの、興味深いものが多く、その根拠を知ると、驚かされることがしばしばである。たとえば日本では、20歳未満の飲酒は未成年者飲酒禁止法で禁じられているが、なぜ「20歳」という数字に決まったか、みなさんはご存じだろうか。

 国税庁のウェブサイトなどには、20歳未満の飲酒は脳の機能を低下させる、臓器に障害を起こしやすい、性ホルモンに異常を起こしやすい、アルコール依存症になりやすい、といった理由が挙げられている。しかしこの説明では、なぜ18歳でも19歳でも21歳でもなく20歳なのか、という疑問は解消されない。なぜ20歳なのだろうか?

 その理由は、1947年の青少年禁酒法案に関する参議院会議録に見ることができる。飲酒禁止を25歳未満にまで引き上げるべきだという発案に対し、当時の政府委員はこう答弁している。

「年齢満二十歳以上の者は民法上も完全な能力者であり、公法上は選挙権を有し、国政に参与いたしておる者でありまして……」

 つまり、20歳になれば自己責任がとれるなど、法律の面で自立する「成年」となるから、というわけである。すると、新たな疑問が湧いてくる。なぜ成年は20歳と定められたのだろう?