[ゴールボール]
リオ代表第1号へ

 世界の頂点に立ったロンドンパラリンピックから、約2年。ゴールボール女子日本代表は、早くも2016年リオデジャネイロパラリンピックへの切符をかけた戦いに挑む。6月30日~7月7日の8日間にわたって開催されるIBSAゴールボール世界選手権だ。この大会で3位以内に入れば、リオへの出場権を獲得することができる。勝負の時を目前にして、14、15日と最後の合宿に臨んだ日本代表を追った。

強さは変化を求める姿勢にあり

 合宿地の国立障害者リハビリセンターを訪れると、世界選手権メンバーは新たな戦略を練るのに必死となっていた。最も時間を割いて行なっていたのは、レフト、ライトの両ウイングがセンターのポジションまで内側へと寄り、そこから相手ディフェンスの手先、足先を狙う戦略だ。その狙いとは何か。

 例えば、ライトがボールを持っているとする。相手は足音やボールの音でそれを察知し、ディフェンスのシフトをライトからのボールに対応できるよう、左へと寄ることになる。そこでライトが中に移動することによって、相手は今度はセンター寄りのシフトへと替えてくる。このように細かくシフトチェンジさせることで、相手にサーチやディフェンスに余裕を与えないようにするのだ。

 相手はボールの出所がどこなのか、どういうボールが投げ込まれたのか、一瞬戸惑いの時間ができる。そして、シフトを修正する最中、まだ手先足先が伸びきっていない状態で対応しなければならない。つまり、動いている状態の手先足先に当たれば、それだけボールの処理は難しくなり、前後に大きく弾く可能性は高くなる。前に弾けば、ボールを取りに行くことで時間のロスができる。そのため、速攻やゆっくりと時間を使っての攻撃ができなくなる。そして、後ろに弾けばゴールだ。

 3人の統率をとることもより難しくなり、ウイングとセンターとの間に穴が開く可能性も出てくる。さらに、この攻撃を繰り返すことによって、相手は内寄りにディフェンスの壁を厚くせざるを得ない。すると、今度は両ポストに穴が開くことになり、そこが狙い目となる。

 また、主にレフトに入ることの多い欠端瑛子に課せられたのは、“忍び移動攻撃”だ。相手から投球されたボールがライト側のサイドラインを割り、ボールアウトとなった場面で、レフトの欠端がそっとライトに移動する。そして、ボールがコートに入れられ、試合再開となると同時に、欠端はボールを持って、忍び足で再びレフトへと戻る。相手は当然、ライトにボールがあると思っているため、レフトから欠端が投球する時には、あわててシフトチェンジをしなければならなくなるのだ。今や移動攻撃は珍しくないが、移動する際に最も重要なのが、いかに音を消すかである。選手はアイシェードをしているため、視覚からの情報はない。そのため、移動にはゴールを使う。ゴールの枠の上部をつたって、移動するのだ。だが、これまではつたっていく際、鉄の部分が手でこすられて音が出るために、相手に移動していることが悟られることがしばしばだった。そこで今回、江黑直樹ヘッドコーチが編み出したのが、ゴールのネットの部分をつたい、音を消すという方法だ。

「考えれば考えただけ、方法はある。まだまだやれることはたくさんあるはず」とは、江黑ヘッドコーチの口癖だが、常に変化を求めるこの姿勢こそ、日本の強さである。そして、だからこそパワーやスピードに勝る相手に勝つことができるのだ。