ドイツ
イラク各地を制圧しなががら首都バグダッドに迫るアル・カイーダ系武装集団「ISIS」の脅威
〔PHOTO〕gettyimages

イラクで恐ろしいことが起こっている。アル・カイーダ系の武装集団が、主だった都市を攻略しながら、どんどん首都バグダッドに近づいている。このテロリストたちは、ドイツのニュースではISIS(イラクと大シリアのイスラム国)とされ、日本のニュースでは、彼らの2つ目の名称ISIL(イラクとレバントのイスラム国)が使われている。

レバントというのは、地中海東部沿岸地方一帯を指し、中世のころは東方貿易の中心だった。つまり、彼らテロリストの狙い目は、イラクとシリアだけでなく、レバノンも、イスラエルも、という意味に取れる。しかし、ここでは便宜上、ISISのほうを使うことにする。

私は、1980年代に足かけ3年ほどイラクに住んだことがある。だから、イラクと聞くと、感覚の中に熱風と砂埃が蘇る。そして、灼熱の世界に忽然と現れるユーフラテス河畔の、緑にあふれた村々が目に浮かぶ。

あの国のほとんどは平野だ。砂の平野。今、北から南にどんどん武装テロリストが攻めてきているとすれば、それを遮るものはない。さぞかし恐ろしいことだろうと思う。それはまた、自分たちの世界が、きりきりとネジを巻くように7世紀ごろのイスラムまで戻されてしまう恐ろしさでもあるはずだ。だから、今、イラク人は必死で国外に逃げ始めた。

私のいた当時、イラクはサダム・フセイン独裁下で、イラク・イラン戦争の最中だった。戦時下のイラクで、私は、ドイツの建設会社の、砂漠の真ん中にコンテナを並べて作ったベースキャンプで暮らしていた。バクダッドはときどきイランからミサイルも飛んできたが、私たちのキャンプはそこから40キロほど離れていたので、比較的安全だった。ただ、ある夜、バグダッドで食事をしていたとき、ミサイルが飛んできて、地面が揺れたことはある。

ちなみに、私の処女作は、『フセイン独裁下のイラクで暮らして』 (草思社)というインサイド・レポートだ。のちの湾岸戦争の前夜に刊行されている。

弱肉強食の時代に力を蓄えたのはイスラム原理派

サダム・フセインはイスラム教徒であったが、世俗政権を敷いていたので、アルコールも全く禁止されていなかったし、女の人が伝統的なアバーヤと呼ばれる黒い布を纏うか纏わないかも、個人の自由だった。バグダッドの中心は近代的で、戦争で男が出払っていたせいもあり、役所にも他の職場にも、洋装の、こってりとお化粧をした妖艶な女性が多く進出していた。

1990年になり、サダム・フセインがクウェートに侵攻したため、1991年1月、米英を主力とする多国籍軍がイラクを空爆し、湾岸戦争が始まった。この戦争は、イラクの敗北であっという間に終結したが、2003年、イラクが大量破壊兵器を隠し持っているとして、アメリカは再びイラクに侵攻した。

おそらく彼らは、これも、そそくさと終結させたつもりだったが、停戦後、イラク市民はアメリカ占領軍を歓迎しなかった。それどころか、2006年に新政府ができても、そのあとサダム・フセインが処刑されても、いや、まさにそのせいで、イラク国内はテロの嵐で麻のごとく乱れ、アメリカは次第に抜き差しならぬ状態に追い込まれていった。しかし、2011年、その大混乱を尻目に、アメリカ軍はイラクから全面撤退したのである。

それ以後、イラクの情勢はさらに悪くなった。アメリカ軍がサダム・フセインのイラクを叩きのめし、分解した後、そこには、民主主義など芽生えなかったのだ。その反対で、自爆テロが日常茶飯事となり、最後には、何のために、誰と誰が殺し合っているのかさえも分からなくなった。

同じイスラムのスンニ派とシーア派が殺し合い、そして、シーア派はキリスト教徒を殺し、また、スンニ派はクルド族も殺した。しかし、弱肉強食の法則はちゃんと機能していたらしい。今になって、ようやく見えてきた。一番力を蓄えたのは、アル・カイーダ系、つまりイスラム原理派であったのだ。

ISISの目標は、中東にイスラムの支配する世界を作ることだ。ライフルを構えるその姿は、精悍というよりも凶暴そのもので、彼らの手で、かつては近代化への道を歩んでいたイラクが押しつぶされるのかと思うと、何だか信じられない思いだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら